2017.02.13

いまどきオヤジはハートも時計も傷つかない!?

元来、時計のケース素材といえば、ホワイトゴールドやイエローゴールドなどの
ゴールドケースが主流で、腕元からリッチさを醸すためにもそれらが良いとされてきました。
が、軽快感が重視される昨今は、カーボンやセラミックなどの新素材が台頭中。
むしろ、こういった新素材が新たなリッチの証となりつつあるんです。

写真/前田 晃 スタイリング/坂井辰翁

Panerai [パネライ]

トゥットネロ ルミノール 1950 3デイズ GMT オートマティック チェラミカ/151万円

今っぽい感じってこういうこと

マットブラックのセラミックケースとブレスレットがハイテクな印象ながら、パネライがもつ独特のクラシックさも醸し出す魅力的な一本。セラミックブレスレットをここまで美しく仕上げているのはさすが。GMT、スモセコ、秒針のゼロリセット機構も備えている。自動巻き、セラミックケース(44㎜)×ブレスレット/パネライ(オフィチーネ パネライ)

Breitling [ブライトリング]

アベンジャー ハリケーン 100万円

オールブラックですがタフすぎずモダン

自社開発素材であるブライトライト®は、チタンの1/3の軽さを誇りつつ、耐久性や耐磁性に富んだ革新的なハイテク素材。大理石のような模様が温もりを感じさせ、50㎜という大型ケースながら軽やかに付けられます。ストラップの黄色もアクセントに。自動巻き、ブライトライト®ケース(50㎜)、ミリタリー・ラバーストラップ/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)

ハイテク素材の時計は、都会の生活にも似合ううえに、アクティブなシーンにも使える万能選手なのです。ニット7万4000円、ニットキャップ2万4000円/ともにクルチアーニ(クルチアーニ銀座店)

時計のケース素材の始まりは、ゴールド。当時は金属加工の技術が発達していなかったので、柔らかく加工がしやすいゴールドが広く使われましたが、その後ジュエリーに用いられたプラチナが登場します。ですが、プラチナはゴールドより高価なうえに硬く、加工に手間がかかるため、ゴールドにパラジウムを加えたホワイトゴールドが台頭。その後懐中時計から腕時計に移行するにあたり、耐久性が求められるようになり、ステンレススチールケースの時計が登場するのです。

Hublot [ウブロ]

ビッグ・バン ウニコ フルマジックゴールド/356万円

ウブロだけの特別なゴールド

自社開発素材であるマジックゴールドは18Kでありながら、一般的な18Kゴールドの2倍以上の高硬度を誇る素材。ゴールドでありながら傷がつきにくいというまさにマジックのような素材です。それに自社開発ムーブメントであるウニコを搭載したという、どこにもない革新的な作。自動巻き、マジックゴールドケース(45㎜)、ラバーストラップ。世界限定250本/ウブロ

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!