2016.09.05

一面コバルトブルーなオヤジの楽園です

南半球、オーストラリアのブリスベンの東に位置するニューカレドニアは森村 桂の小説「天国にいちばん近い島」の舞台としても有名です。本島(グランドテール島)といくつかの離島から成るこの島の魅力は実に奥深い。どこを見ても目に飛び込むのは透き通るコバルトブルーの海。その美しさにジローラモも息を飲む、オヤジの楽園がここにあります!

吸い込まれそうな360度見渡す限り青い海!

離島ウベアでの一枚。遠浅の海が続くため、どんどん沖へ進むと見渡す限り海に囲まれた幻想的な世界。まさにここは楽園です。

目にも鮮やかな一面ブルーの海にラグジュアリーなホテル……ビーチリゾートは世界中に数多あるので、その選びも難しいもの。海をこよなく愛するジローラモですが、意外にもニューカレドニアは初めてとのこと。成田空港と関西国際空港からエアカランの直行便で約8時間という近さと、南半球という日本が冬の間にベストシーズンが訪れる立地ゆえ、常夏を求めて日本を飛び出すも良し。フランス領なので、南国にいながらフランスのシックな文化が感じられるのも人気の秘密です。

なんといっても秀逸なのは海の透明度! 世界最大規模を誇る世界遺産のラグーン(珊瑚礁)に囲まれた海の中には美しい世界が広がっています。「こんなきれいな海は初めてだよ!ずっとここにいたいな……」と世界中を旅するジェットセッターのジローラモも太鼓判を押します。それほどにニューカレドニアの海は美しいのですね。遠浅なので沖に出るにつれ、真っ青な海のド真ん中に自分だけが立っている感覚になり、とても幻想的。天国にいちばん近い島、という表現がピッタリの楽園です。今回は首都ヌメアから離島ウベア、中部ブーライユを訪れたジローラモ。ローカルな雰囲気とコバルトブルーの海を求めて島の各地を満喫するのがニューカレドニアの楽しみ方。どこへ行ってもプライベートビーチと言えるほど混雑知らずでスローな時間の流れも魅力です。

Noumeaヌメア



南国のプチ・パリをぶらり散策

日本からニューカレドニアへはトンゥータ国際空港へ到着するため、空港からほど近い首都ヌメアでの観光はマストで楽しみたいところ。ビーチリゾートながらプチ・パリと謳われるヌメアはシーフードを使ったフランス料理も美味! 繁華街のネオンボードやタバコ店の看板もフランスと同じ。まさにここは南太平洋の花の都です。「ここはヨーロッパ圏だからイタリア人の私も住めますね! 海がきれいだし、住みたいな」と口にしていたジローラモもこの街をお気に入りの様子。

夕暮れ時の街はフランスの香りとともに色めきます / ■左:繁華街はまるでパリさながらの雰囲気。お店の看板もフランス語ですからね。■右:マッジックアワーのビーチサイドをぶらり。夕日が美しい海に沈み、キラキラと輝きます。

必ず立ち寄る首都ヌメアはリゾートとフランスの街並が融合したノスタルジックな都市。食も買い物も楽しめます。

PAGE 1/4

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!