2016.08.31

いまジャケ代わりに「ジージャン」

ジージャン、というとカジュアルのド定番ですが本特集では改めてオヤジのジージャンを考えました。
キモはズバリ、上品でリッチにジージャンを着ること。
そのための、もっとも簡単な近道はあれを足してこれを足して……というのではなく
いつものジャケパンのジャケットをジージャンに代える、そんな感覚でいいんです!

まず、大事なのはモダンで品良く見えるフィッティング

ジャケット代わり、なジージャンは背中と肩とお腹がピッタリ

ジージャンというカジュアルなアイテムでもジャケットのような色気を醸すにはそのシルエットが肝要です。例えば、仕立ての良いジャケットのように肩や背中がピタッとハマるのがそのポイント。その点をおさえるだけで、大人の選びをわかってる感が漂うのです。

Jacob Cohën - ヤコブ コーエン

イタリアメイド&フィットで仕立てられた大人のジージャンです / ココンチならではなタイトフィットながら、コットン×ポリエステルのデニム地を使用しているため着心地は楽々。天然のインディゴによる色出し、裏地にはカモフラ柄をあしらうなどこだわり満載な日本限定モデルです。5万8000円/ヤコブ コーエン(ヤコブ コーエン 東京ミッドタウン店)




着丈も長い上品な一着は、イタオヤ的コーディネートがよく似合う仕立て。シンプルにスラックスと合わせればバーやラウンジでも余裕でこなせます。男性●カットソー9000円/ベアフット ドリームズ(サザビーリーグ)、チャーム1万7000円、チェーン1万1000円/ともにプエルタ・デル・ソル(プエルタ・デル・ソル恵比寿店) 女性●ブラウス14万8800円、ショートパンツ5万6900円/ともにラペルラ(ラペルラジャパン)、ピアス2万5000円/ジュピター(ジュピター代官山)

PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!