2016.07.25

欧州ファッション・リポート London編 Part.1

2016年6月、イギリスはロンドンにはじまり、イタリアはミラノ、フランスはパリでそれぞれ開催されたファッションショーを取材したLEON編集部員の現地リポートをお届けします。来年の春夏はどんなファッションの傾向があるのか、小誌LEONはどこに注目しているのかなど、お伝えいたします。

文/堀川正毅(本誌)

2016年6月10日〜13日

ロンドンコレクション London Collection:Men

今年も欧州ファッションウィークはイギリス・ロンドンの「London Collection: Men」から。ロンドンのコレクションは、イタリア・ミラノ、フランス・パリのそれと比べ、ストリート(パンクの国ですからね)の感覚がごく自然に取り入れられているのが特徴かと。

クラシック(サヴィルロウをはじめとするテイラード大国ですから)を得意とする一方、こういった“いま”の匂いを上手に取り入れるあたり、今後ますます注目に値すると思います。

「バーバリー」や「アレキサンダー・マックイーン」など、ロンコレ常連ブランドが不在となった今回、そんなポテンシャルありな新進デザイナーたちのコレクションを中心に全2回にわけてリポートいたします。

のっけから言い訳がましいのですが、今回のロンコレは6月10日から13日の4日間だったのですが、小誌LEONの校了がぶつかってしまい、一日遅れの11日からの取材となってしまいました。よって初日のショーについてのリポートはありません。すいません……。

Close-Up 01

マッキントッシュ [Mackintosh]

というわけで、ロンコレ2日目のトップバッターは「Mackintosh」。11人のモデルが着用したコートのうち5着はフード付きでした。この「フード」をいかに大人っぽく取り入れるかは、興味深いテーマですね。ちなみに手元には「ポーター」とのコラボレーションBAGが。写真のもの以外にもマッキントッシュならではのゴム引きBAGなんかもありました。

CloseUp.02

MCM × クリストファー・レイバーン [MCM × Christopher Raeburn]

「MCM」と「Christopher Raeburn」のコラボレーションラインが発表されました。クリストファーレイバーンといえばストリート、ハイテク、モードといまっぽさ炸裂のコレクションを発表している注目のデザイナー。そんな彼が手を組んだのがMCMでした。

イエローやブルーなど強印象なカラーリングが目をひくコレクションで、MCMといえばなビセトス柄を大胆に使ったアイテムも魅力的でした。日本での展開を期待したいところです。

Close-Up 03

J.W.アンダーソン [J.W.Anderson]

ロンコレ2日目の目玉「J.W.Anderson」はロエベでのクリエイションとはまた違う、オウンコレクションならではの自由奔放さが魅力。ではあるのですが、ちと小誌読者にはピンとこないものが多いのも事実でして、、、そんななかこれは!と思ったのが“靴”。

一見、モンキーブーツなのですが、よくよく見るとスニーカーソールなんです。ドレス靴でスニーカーソールというパターンはすでによく見るアイテムですが、コチラの完成度はかなり高い! 実物をじっくりチェックしてみたいと思いました。

Close-Up 04

マーガレット・ハウエル [Margaret Howell]

「Margaret Howell」もロンコレを代表するブランドのひとつ。ココンチの場合、何かコレクションごとに特別な提案があるわけではないのですが、タック入りのパンツのシルエットがアップデートされていたり、ややハイウエストになっていたりとその微差を盛り込むセンスが秀逸。

いまの時代感である「リラックスしていて、でも大人っぽさも備わっている」を上手に表現しているマーガレット・ハウエルは引き続き要注目です。
次回は「London編 Part.2」をお届けします。

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。