2016.07.11

テクノロジーの進化でクルマはもっと楽しくなる!

※本特集は2016年7月号で掲載した企画の抜粋です。

携帯電話とパソコンの2役をこなすスマートフォンに代表されるようにテクノロジーの進化によって、ひとつのアイテムがさまざまな役割を果たす時代になった。それが顕著に表れているのがクルマであり、スポーツカーが日常の足として使えたり日常の足であるサルーンが趣味性の高いスポーツカーとして楽しめたりと1台で何役もこなせるように。今回はそんなクルマをキャッチアップしてみた。

JAGUAR [ジャガー]

革新的技術と力強さが新しいジャガーのカタチ

Jaguar XF S [ジャガー XF S] 新型ジャガーXFのフラッグシップモデル

最高出力380psのV6 3.0ℓスーパーチャージド・エンジンを搭載する“S”はトップグレード。スポーティなハンドリングだけでなく、快適な乗り心地も堪能できる。1105万円/ジャガー(ジャガーコール)

先進装備=ジャガーの方程式が確固たるものに

自動車に用いられるテクノロジーの進化は時代を追うごとに加速している。それもそのはず、進化を促しているのは主にエレクトロニクスであり、その開発スピードは機械をはるかに上回っているからだ。このことは、スマホのほうが自動車より頻繁にモデルチェンジをしているというシンプルな事実からもうかがい知ることができる。

もっとも、主にバーチャルな世界を対象とするスマホのテクノロジーだけで現実の自動車を走らせることは不可能だ。あくまでもエレクトロニクスはメカニズムが持つ力を拡大してパフォーマンスを改善するとともに、効率や快適性を向上させるのに用いられているととらえるべきだろう。

自分好みのセットアップを登録可能

ジャガー・ドライブ・コントロールのダイナミックモードにはコンフィギュアブルダイナミクスと呼ばれる機能を用意。あらかじめ登録されたモードだけでなく、スロットル、シフトスケジュール、ステアリングなどの設定を自分の好みに応じて登録することができる。

先頃フルモデルチェンジを受けたジャガーXFもエレクトロニクスの進化による恩恵を受けている。メーターパネルは12・3インチの液晶ディスプレイに置き換えられ、用途や気分によって表示内容をさまざまな形式に切り替えが可能に。ナビ、オーディオ、エアコンなどの設定もタッチスクリーン方式に改められ、それこそスマホやタブレットと同じ感覚で操作ができる。

メーターパネルは12.3インチのTFTカラーディスプレイに置き換えられ、ナビやオーディオの操作は10.2インチのタッチスクリーンを通じて行う。室内にも最新テクノロジーの波は押し寄せているのだ。

「走る、曲がる、止まる」の部分にも最新テクノロジーは活用されている。例えば、センターコンソール上に設けられたジャガー・ドライブ・コントロールは、エンジンのスロットルレスポンス、ステアリングのアシスト量、ギアボックスのシフトスケジュール、サスペンションの減衰率などを一括して変更できる。つまりドライビングシーンに応じてXFのキャラクターを一変させられるわけで、たとえて言えば、ある時は従順な飼い猫のように、そしてまたある時は獲物を追う肉食獣のように変貌できるのと同じこと。アメリカヒョウの別名をもつジャガーにふさわしい装備といえるかもしれない。

PAGE 1/3

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!