2016.06.21

「Padron Damaso No.8(パドロン・ダマソNo.8)」が新発売

Padron Damaso No.8

1本1800円(1箱20本入り/3万6000円) 問/ヒロミエンタープライズ ☎03-3823-0931

どうしてニカラグア産のシガーが、入手困難なのだろう!?

本欄では、久しぶりとなる、ニカラグアのタバコ葉を使ったブランド、パドロンをご紹介します。今でこそ、中米のニカラグアは、キューバやドミニカに負けずとも劣らないシガーの名産地として知られるようになりましたが、以前はまったくマイナーでした。そのニカラグア産のシガーの素晴らしさを世に広めたのが、パドロンです。

このブランドを一躍有名にしたきっかけは、最も権威のあるアメリカのシガー専門誌『シガー・アフィショナード』で、「パドロン」がベスト・シガー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことです。以降、アメリカでも入手困難なシガーになってしまいました。デンマークの「ノーマ」は、世界ベストレストラン50で一位を取った瞬間に、世界中から予約が年間200万件も殺到したといいます。それまで、北欧に旨いものなどないと思われていましたが、今や北欧は美食を目的にする観光客に溢れています。シガーにおけるニカラグアも、それに似たような現象が起きたということでしょう。

ご紹介するPadron Damaso No.8(パドロン・ダマソNo.8)は、2015年のIPCPR(全米タバコショー)で発表された新製品。パドロンは、その濃厚なフルボディな旨味で愛されていますが、こちらの1本は、日本人の繊細な味覚に合わせて、マイルドにブレンドされています。華やかなフローラル・ブーケは、日本の初夏の空気感にもぴったり。人間の味覚や嗅覚とは、季節の旬の味わいを欲するようにできているのですから、レストランで旬の一皿を選ぶように、楽しんでほしい一本です。葉巻はガストロノミーの一部でもありますから。

中村孝則●コラムニスト

世界各地を独自の視点で読み歩き、さまざまなメディアでラグジュアリーライフを提案する。先頃、シガー評論家の広見護さんと共著で、シガー専門書「ザ・シガー・ライフ」(ヒロミエンタープライズ)を出版。

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!