2016.06.10

ますます時計がお洒落になってきた!Vol.2

4人のスペシャリストが語る今年の時計

S.I.H.H.やバーゼルワールドで発表されたさまざまな新作時計たち。もちろんそれらを発表するにいたるにはさまざまな開発ストーリーや時代背景、ブランディング戦略があるのが事実。

で、こちらではそんな裏話をご紹介。来年の話なんかもチラホラ!?

Person01IWC



ハネス A. パントリ/IWCボードメンバー

ハネス・A・パントリ氏は1972年からIWCに務める大ベテラン。ゆえブランドの全史を熟知しており、IWCのさまざまな逸話と今後の展開を話してくれました。

「私が日本を最初に訪れたのは75年。まだディストリビューションが確立されておらず、その整備が私の仕事でした」。そして70年代のIWCといえば、時計好きならご存知のポルシェデザインとのパートナーシップがあります。「70年代後半から20年間でしたね。そこで生まれたひとつが時計界初のチタンケース。IWCにとって大変意義深いモデルでした。そしてその後、原点回帰してパイロット・ウォッチの『マーク11』の進化版『マーク15』で大成功を収めました。時計は男性が身に付けることのできる唯一のアクセサリーだと思うので、そこに歴史や物語があることがとても大切なんです」

今年は、その歴史的名作パイロット・ウォッチのコレクションが全面刷新されました。「90年代以降『ポルトギーゼ』や『ポートフィノ』『インヂュニア』など各コレクションをリニューアルしています。IWCはそういう歴史的モデルをもっているのが強み。これからも歴史を大切にして、あっと驚く進化をしていくと思います」

Person02Richard Mille



ティム・マラシャール/マーケティングディレクター

ティム・マラシャール氏は生産計画や各国への出荷本数の配分のほか、提携するアスリート=パートナーの人選まで行っています。

「リシャール・ミルの一番の特徴は常に新しいことに挑戦し続けていること。通常は技術が先にあり、その技術の範囲内で実現可能なモデルを作ります。しかしリシャール・ミルは新しい機能や性能を考え、それを実現するために技術開発をする。航空宇宙産業やF1で使用される最先端素材に着目するのもそのためなんです。つまり、ほかのブランドとはまったくアプローチが違います。そこがまさしく革新的で独創的なのです」

そしてリシャール・ミルが、いま、力を入れているのが認定中古。「2年前から始めたのですが、これは単なるビジネス以上の意味があります。まず、下取りや買い取りをすることで、中古の市場をコントロールすることができる。それはブランドイメージのコントロールであり、顧客サービスでもある。また、リシャール・ミルは自社製品の修理を永続的に行っていきたいと思っています。50年後にも書類があれば修理し動くようにする。そんな価値あるブランドにしていくこと。それを目指し、実現させていきます」

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!