2016.04.07

時計を工芸品として改めて考える Vol.01

機械式時計もマスプロダクションの一種だが、なかには少数しか制作されない"工芸品"のような時計がある。

エナメルや彫金などの芸術的技法を凝らした時計は、ふたつとして同じものがないレア・ピースであると同時に失われつつある伝統的な時計作りの文化を未来へと受け継ぐという特別な価値をもっている。

つまり"工芸品のような時計"を所有するということは、時計文化に対するパトロネージということになる。

Hermès[エルメス]

立体感と奥行きによって美しい表情を作る

アルソー ティーグル/1018万円(予価)

ティーグルとはTigre(虎)のこと。美しい縞模様や毛並みを表現すべくエナメル層の厚みの違いによる陰影を使ってモチーフを浮き上がらせる「オンブラン技法」という手法を採用。彫金職人とエナメル職人の共演だ。自動巻き、18KWG(41㎜)、アリゲーターストラップ。世界限定12本。今夏発売予定/エルメス(エルメスジャポン)

械式時計の歴史とは、“工芸品”としての歴史だった。工芸品とは、美術意匠と技巧によって美観を与えると同時に日常生活にも役立つ物を指す。そこが用途をもたない芸術品との違いであり、携帯できる機械式時計が生まれた16世紀頃から、他者との差別化を進める目的もあって、時計に美しい装飾を施すようになる。

工芸技法のなかでもっとも有名なのは「エナメル」だろう。最盛期は19世紀で、懐中時計の風防カバーやケースへの装飾技法として好まれた。ところが腕時計の時代になると、風防カバーもなく裏蓋は腕に隠れてしまうので、装飾を施す場所がなくなってしまった。ニーズがなければ、技術も廃れる。こうして長らく工芸技法は、表舞台から姿を消してしまうのだった。

立体的に見せるためのテクニック

■左:まずは精密なデザイン画を上げる。特に毛並みの美しさにこだわった。■右上:金属板の上に虎の姿を彫っていく。■右下:彫った箇所に黒いエナメルをのせていく。焼くと半透明になり、立体感が生まれる。

ではなぜ再び工芸技法が注目されているのか? 最新の工作機械とCADによる設計によって、時計の平均レベルが格段に上がった結果、ラグジュアリーブランドでは、他社との差別化に迫られた。そこで新たな付加価値として、工芸技法に目をつけたのだ。

幸運にも多くの名門ブランドでは、スペシャルオーダーなどのおかげで細々とではあったが技術は残っていた。そこでベテランが若手を教育することでノウハウを受け継ぎ、過去の伝統技法を復活させようと躍起になっている。

残念ながら、まだまだ圧倒的に職人の数が足りず、ごく少量の時計しか製造はできないが、続けていかない限り未来は開けない。つまり工芸品のような時計を手に入れるということは、一種の文化支援なのである。

 

手がけたのは、特別な職人たち
この作品を仕上げたのは、数々の有名ブランドの文字盤を手がける達人たちが揃うアトリエ。写真は代表のオリヴィエ・ヴォーシェさん。


PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!