2016.03.01

欧州ファッション・リポート London前編

2016年1月から2月にかけてイギリス、ミラノ、パリなどヨーロッパ各地で開催されたファッションショーは、欧州を中心としたラグジュアリーブランドの2016年秋冬のファッションを発表する舞台であり、ファッションブランドがどんな方向に向かっていくのかを知る機会となっています。本企画は小誌取材部隊が見て感じた、LEONにとって気になるブランド&アイテム、その着こなしについて考察します。

2016年1月8日〜11日

ロンドンメンズ London Collection: Mens

文/堀川正毅(本誌)

前編<ベーシック×素材感>

欧州ファッションウィークのトップバッターは、イギリス・ロンドンで開催した「London Collections: Men」。リスタートした数年前に比べ、新鋭ブランドは実験的なファッションから実用的なクオリティへと進化し、老舗ブランドは新素材などを積極的に取り入れることでアップデートを果たすなど、ミラノやパリとはまた違った、見応えのあるショーになってきました。今回、小誌が注目したのは、「ベーシックなスタイルにスポーティな素材感」「モダン顔ミリタリー」のふたつ。前者のベーシックとは、トレンチコートやチェスターといった男性服の定番を羽織りつつ、コーディネートに用いているのがエラスティック素材やウルトラスェードなどを採用したアイテムで、それら混ざり合うことでいまどきな印象になっているというものです。とくに気になったのは上述したようなコート類との合わせで、コート単品はベーシックでもレイヤードしているのは小誌でもお馴染みのシャカシャカだったり(1205)、シックなトレンチにインナーにジャージをコーディネートしていたり(バーバリー)と、旬な香り漂う提案が秀逸。そのほか、ハイテクからはやや逸れますが、ベーシックなアイテムのサイズ感が引き続きゆったりとしているのも特徴的。80年代を思わせるボリューミーなコートやプリーツの入ったパンツ(イートウツ)は極端なものも多いものの、実用的なシルエットも増加傾向にあり、リアルクローズ主義の小誌としては歓迎する傾向でした。

ロンドンコレクションリポートは後編に続きます。

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!