2016.02.09

ラグジュアリーな社交場として個性化の時代へ 〜Vol.2〜

※本特集は2016年1月号で掲載した企画の抜粋です。

欧州ではすでにカルチャーになっている"静"と"動"の老舗イベントも必見

 

CONCRSO DI ELEGANZA [コンコルソ デ エレガンツァ]

欧州でもっとも古く、そしてもっとも格式の高いヒストリックカーの品評会

1929年に第1回が行われ、実に86年の歴史をもつ自動車コンクール。催しの始まりは、戦前ミラノの富裕層らがクルマと美しいパートナーを見せつけるために集まった、言わば園遊会であった。いまもその風習は変わらず皆さんフォーマルなドレスとブラックタイに身を包んで夜会に参加する。

 

ミラノの北にあるコモ湖周辺は市内から電車で一時間の場所にあるイタリア有数のリゾートだ。アルプスを遠くに望む湖畔は趣深く、時間の流れをも止めてしまう。古くは伯爵や男爵が、最近ではハリウッドスターが別邸のヴィラを構えるのも納得の場所だ。そんな湖畔で毎年行われるのが『コンコルソ・デ・エレガンツァ・ヴィラデステ』だ。欧州の自動車品評会としてもっとも歴史が古く、言わば欧州のヒストリックカーカルチャーはここから始まったと言ってもいいかもしれない。湖に面したヴィラの芝生に並べられたそれらはまさに芸術品。それもそのはず、市販車は圧倒的に少なく、カーデザイナーがスタディモデルとしてモーターショーなどに出品した車両が多い。つまり、デザイン優先で造られたれっきとした芸術品なのだ。

また、実際にル・マン24時間レースに代表されるコンペティションで勝利したモデルも多く顔を出す。すべての無駄を削ぎ落とし、純粋に速く走るために設計されたレーシングカーは、ある意味究極の芸術品ともいえるだろう。そんなクルマたちを出品するのはもちろんヨーロッパを代表する富豪たちである。きっと横のつながりもあるのだろう、マーチ卿も毎年のように足を運んでいる。なので、初日のコンクールの日は完全なクローズドで行われる。出品者と友人、主催者側スタッフとメディアのみに限られる。つまり、そこにいるのはホンモノの紳士淑女。着ている服はもちろん、立ち居振る舞いからして優雅さが醸し出される。

イタリア屈指のリゾート、コモ湖畔で行われるヴィラデステ。夜は限られた人だけの宴だが、昼間は入場料さえ払えば誰でも入ることができヒストリックカーを眺められるパブリックなイベントとしても有名だ。

そんな彼らの会場までの足はヴィラの桟橋に係留されるリーヴァ。イセオ湖を含めリーヴァの地元でもあり、ここにはたくさんのアクアリーヴァが生息する。マホガニーのウッドにブルーのレザーはまさにその象徴。見ているだけでため息の出る優雅さである。きっと来場者たちはマルペンサあたりまではプライベートジェットでやってきて、そこからフロートを持つ水上機の送迎サービスで自分のヴィラへ向かうのだろう。そしてそこからリーヴァを出し、対岸のヴィラデステに着岸。

そんなコンコルソ・デ・エレガンツァ・ヴィラデステは毎年初夏に行われる。これもまた彼らセレブリティの恒例の社交の場。賞が発表されたあとも華やかなパーティは夜更けまで続く……。

 

GOOD WOOD FESTIVAL OF SPEED

世界のクルマ好きが一堂に会する

世界でもっともモータースポーツ好きが集まるイベントがグッドウッド。世界中のジャーナリストをはじめ伝説のレーシングドライバーから現役のF1ドライバーやラリードライバーから自動車メーカーのVIPまで、とにかくクルマに関係する人の数が桁違いに集まる。

 

世界中からカーガイが集まる“動”イベント

コンコルソ・デ・エレガンツァ・ヴィラデステを“静”とするなら、“動”にあたるのが『グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード』に違いない。別名“THE MOVING MOTOR SHOW(走らせるモーターショー)”のキャッチフレーズが付く、ヒストリックカーをメインとしたイベントだ。

毎年6月に行われるこの祭典もまたヨーロッパを中心としたセレブリティの社交場となる。主催はご存知イギリスのマーチ卿。彼の所有する広大な“庭”ですべてが行われる。

キャッチフレーズのとおり、ここではマシンが爆音とともに目の前を駆け抜ける。コースは20世紀当初流行っていたヒルクライムで、クラスごとにそこでのラップを競うというものだ。

で、そのクラスがモノ凄い。戦前からつい最近のフォーミュラまで、普段拝むことのできないものが顔を連ね、まさに走るモーターショーだ。ちなみに、今年のメインサポートはマツダだった。日本企業はホンダ、トヨタに続くが、マツダの1991年のル・マンでのあの劇的勝利はいまも語られる……。

実はグッドウッドには、会員だけが参加・観戦ができるグッドウッドメンバーズミーティングというイベントもある。

PAGE 1/2

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!