2015.07.23

第1回:フライパンひとつで 仔羊料理の出来上がり!

料理が出来てナンボとは、昨今語られていること。ですが、必ずしも料理上手である必要はないと小誌は思うのです。当然ながら、手間をかけて大切な女性を喜ばせようという心意気は大切ですよ。でも、調理に夢中になるあまり、キッチンにおこもりしてふたりの時間が減ってしまったら本末転倒。今号から有名店のシェフが“早くてウマいレシピ”を直伝します。諸兄のもてなしメシとしてご活用くださいまし。

今回のシェフはこちら!

山崎夏紀シェフ

代官山「イータリー」の総料理長を経て、今年5月、銀座に「エル ビステッカーロ デイ マニャッチョーニ」をオープン。“食いしん坊のためのステーキ職人”を意味する店名のとおり、イタリアンスタイルのステーキを看板に、6年間研鑽を積んだローマの料理の名シェフです。

今回使うのはこの食材(2人前)

白ワイン:大さじ4
白ワインヴィネガー:大さじ1
バター:10g
アンチョビ:1〜2枚(2g)
ニンニク:1/3片
仔羊骨付き肉:6枚
ローズマリー:1/2枚
イタリアンパセリ:みじん切り 少量

Step 01

仔羊肉を叩く!叩く!叩く!

まずは肉を叩きましょう。繊維が断ち切られて食感が柔らかくなるから、口に入れた瞬間の笑顔を2割増しにできるのですよ。もしミートハンマーがなければワインボトルの底を代用してもOK。よりワイルドです。

Step 02

表裏に塩&コショウを簡単に

肉が十分に伸びたら、仔羊肉の両面に塩とコショウを振りましょう。この際、あまり振り過ぎてしまわないように要注意。特に塩は焦げの原因になってしまいます。

Step 03

熱したフライパンにオイルを垂らして、いざ!

いよいよ焼きます。熱したフライパンにオリーブオイルを適量入れて、油の表面がぷくぷくしてきたら羊肉を入れましょう。表面にしっか
りと焼き色がつくまでじっくりと焼き上げましょう。

Step 04

強火で一気に仕上げましょう

両面がこんがりしてきたら、みじん切りのニンニクとアンチョビを投入して弱火でさっとかき混ぜます。香ばしい香りが立ちこめてきたら、あと少し!

PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。