• TOP
  • FASHION
  • 【速報!】スナップされる大人の共通点は、意外なあのテクだった?

2018.01.12

【速報!】スナップされる大人の共通点は、意外なあのテクだった?

世界のお洒落な男たちは朝起きて、どんな服を着て出かけているのか? その疑問にお答えするのが、こちらのスナップ速報です。開催中のピッティから、お洒落な大人たちのスタイリングを毎日お届け。大人のリアルなお洒落テクをわかりやすくご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/Yu Fujiwara(@8and2) 文/LEON.JP

お洒落なオトコのスナップを、開催中のピッティからお届け!

いまや世界中で人気のスナップ。街行く彼らのスタイルには着こなしのアイデアが詰まっているので、リアルな着こなしの参考になります。まさに“街の服を見て我が服なおせ”なのです。

そんなファッションの祭典とも言えるのがコレクション。お洒落な大人が集う究極のスナップの場と言ってもいいでしょう。今回はイタリアで開催中のピッティで撮影したばかりの、お洒落な男たちの着こなしをお届けします。彼らの着こなしをぜひ参考にしてください。

NEXT PAGE2/ 7

貫禄ある大人のスーツのVゾーンは、濃いめのブラウンが効く

貫禄ある大人のスーツのVゾーンは、濃いめのブラウンが効く

ピッティを代表するような着こなしの御仁。白のウインドウペーンが入ったベージュのジャケットに、ブルーのシャツ、ベージュのコッパンと極めてオーセンティックなスタイル。そんな着こなしを新鮮に見せているのが、焦げ茶の取り入れ方。Vゾーンにコゲ茶のグレンチェックのジレ(ベスト)を挟み、ネイビーのドットが入ったコゲ茶のタイ。胸元にはブルーにトリミングがされたコゲ茶のチーフを差して、引き締めています。大人のシブ味と色気が漂います。
メタルボタンが印象的なコートを羽織ったこちらの方も、足元まで全身をコゲ茶でまとめています。コゲ茶のスリーピーススーツに同色の無地のニットタイで、襟元をコーディネート。コートのネイビーとあいまって、イタリア人が好む、アズーロ エ マローネ(ブルーとブラウン)という貫禄あるスタイリングに。

NEXT PAGE3/ 7

フーデットパーカをいまどきに着こなすなら

フーデットパーカをいまどきに着こなすなら

贅沢なロング丈のムートンコート。これだけのボリューム感だと着こなしが重たくなりがちですが、そうならないのがお洒落のコツ。中に着たフーデットパーカが軽快な印象を加味しています。また、パーカ、パンツ、ニットキャップを黒でまとめ、モノトーンベースにしているのでシックな見映えになっています。ここがお洒落に見えるポイント。
カジュアルなスナップボタンのステンカラーコートにかぶりのパーカを合わせた方。薄手のコートにフードが入ることで、顔周りが立体的になり、いまどきな雰囲気を作っています。全身ダークな色調でまとめているので、カジュアルですがセットアップ的な仕上がりに。

NEXT PAGE4/ 7

定番のM-65をお洒落に着るなら?

定番のM-65をお洒落に着るなら?

カモフラ柄のM-65をジャケットのアウターに着用。全身の色数を抑え、ネイビー系で統一。その足元に明るい茶色の表革のプレーントゥを配し、シブめの着こなしに抜き感を作っています。手入れの行き届いた艶のある靴が、着こなしに清潔感をもたらしています。
味のあるM-65から愛用しているさまが伝わるこちらの方。色落ちがキレイなデニムを軽く折り、足元にはストラップ付きのブラウンシューズを合わせています。こちらも靴の光沢が全身を引き締め、リッチ感と貫禄をもたらしています。

NEXT PAGE5/ 7

冬の着こなしにこそ、キレイ色が効果的

シブい大人にこそ、キレイ色が効果的

年齢を重ねた大人の方が、キレイな色が似合います。その好例のスタイリングを展開するおふたり。右の方は鮮やかなブルーのコートが、左の方はイエローのニットがじつにお似合いです。ただの派手な格好に見えないのは、ダークトーンで締めているから。右の方はインナーとパンツをダークトーンで、左の方はコートでまとめています。キレイ色のアイテムを合わせる時は、こんなテクが有効です。
ざっくりと編まれた鮮やかな赤いモックネックが、ポイントになった着こなし。同系色でまとめられたチノパンと靴が、カモフラ柄のバブアーのビデイルジャケットに馴染んでいます。オリーブやベージュは赤と相性がいいので、こんなふうにまとまります。

NEXT PAGE6/ 7

チェスターコートをシンンプルに着てもサマにコツとは?

チェスターコートをシンンプルに着てもサマにコツとは?

携帯を片手にさっそうとフィレンツェの街を歩くこの方。力の抜けたシンプルな着こなしですが、品よくお洒落に見えるのは、ベージュ、黒、白と全身を3色でまとめているから。しかも、ベージュは、ニットキャップとコート、シューズとバランスよくコーディネートされているのがポイントです。どれも定番的なアイテムなので、ぜひマネしてみましょう。
こちらの御仁も色使いが巧みです。ブルーと白の2色だけでのコーディネート。華やかなブルーのブロックチェック柄のコートですが、ニットキャップ、ソックス、ダブルモンクまでブルーで統一! 白パンが清潔感とヌケ感とぐっと引き立てていますね。

NEXT PAGE7/ 7

カーゴパンツが復活!? 少しゆるめのシルエットになりました

カーゴパンツが復活!? 少しゆるめのシルエットになりました

一時、大ブームになったドレス仕様のカーゴパンツ。ここ数年はなりを潜めていましたら、今年は久々の復活でしょうか、イタリアの洒落者たちに愛用されています。以前のものとは異なり、スリムで細身だったドレスなカーゴパンツは、腰回りが少しゆったりしテーパードもきつくなく、ゆるやかなシルエットに進化。こちらの御仁は少し短めに仕上げて、スポーティに着こなしています。
短丈のムートンのブルゾンを羽織るこちらの方も、腰回りが少しゆるめのカーゴパンツをコーディネート。シルエットがゆるいぶん、表革の黒靴を合わせて、着こなしを引き締めています。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事