• TOP
  • FASHION
  • LEONがオススメする最旬アイテム#1「ブラウンスーツ」

2017.10.03

LEONがオススメする最旬アイテム#1「ブラウンスーツ」

ファッションの世界においては、SNSなどの影響でトレンドの細分化が進んでいます。何がブームかわからない読者のみなさまに、絶対に買って使える5つのキーアイテムをご紹介します。まずは大人に必須のスーツからスタートです。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/林 敏一郎(FOREST) スタイリング/稲田一生 スナップ/Massi Ninni 文/持田慎司

どんなに時代が変わろうとも誕生以来一度も消えたことのないアイテム「スーツ」。だからこそLEONは それをいかに格好良くこなせるかが大人の力量と考えます。

では格好良く着こなすにはどうすればいいか。答えは簡単、アップデートすることです。

実はスーツは変化がないように見えて毎年小さな変更を加えながら、時代に合わせてアップデートを繰り返しています。でなければ、これだけのマーケットを維持できませんし、事実、毎年スーツを買い足し、買い換えるという方も決して少なくはありません。

その小さな変化が大きな違いを生むことは周囲を見ても明らか。未だバブル期のような肩の張ったスーツは言うに及ばず、10年前あたりに購入したものなら薄い肩パッドに長い袖が特徴で、着丈は極端に短く、パンツはぴっちりの長めのストレート…。ほら、あなたの周りにもいますよね、そんな人。

およそ5年でその印象がガラリと変わると言われるのがスーツであるというのは本当なのです。

で、ここ近年はその変化の最大期と言われています。その詳細はここでは割愛しますが、何よりポイントは色。ネイビー、グレーという定番色にどうやらブラウンが参入しそうな勢いらしい。

大人の余裕を感じさせるブラウンという選択

大人の色気をすでに備えるブラウンスーツだから、柄タイからノータイ、カラータイなどを刺しても、どんな着こなしでもキマるのです。
このブラウンという色調は、年輪を重ねた大人にこそ似合う色とされています。つまりこの色の魅力はその渋みにあり。逆に若手世代にとっては年齢以上の男らしさが手に入るということでもあり使い方次第でいかようにもキャラ作りができてしまうというワケです。
PAGE 2

大人の着こなしにピッタリなブラウンスーツの選びのポイントは次の通り。

1. 柄のある生地よりも無地をチョイス
グレーやネイビーと同じ感覚で着るなら、まずは無地を選ぶのがベターです。手持ちの白シャツやブルーシャツにすんなり合わせられます。ブラウンといっても着こなしに悩むことが減るかと。

2.太すぎず細すぎない、ほどよいシルエット
大人のスーツはフィッティングが大切です。どんなに上質な素材でもサイズ感が合わなければもったいないことに。イタリアスナップのように、ジャストサイズでお召しくださいませ。

3. まずはベーシックなシングルタイプから
初めてのブラウンスーツはシングルタイプから買い揃えるのがよいでしょう。さらにブラウンスーツを楽しみたい、という方は、スリーピースやダブルなども選択肢に入れておくのもアリです。

生地の選びとプロポーションの美しさに注目

丸みのある肩の設計や立体的なバスト周り、そして美しいロールを描くラペル等、丁寧に作りこまれた意欲作。上質な生地使いや、やや高めのウエストのシェイプが、男の色気を増幅してくれます。14万円/デ・ペトリロ(伊勢丹新宿店)

ラグジュアリーが極まるブラウンスーツ

フランコ・ミヌッチが考案したモデルであり、氏の持つエレガンスを表現した一着。ざっくりとした見た目の生地ながら、その肌触りはこの上なくしなやか。まさにラグジュアリー極まる一着です。70万円/タイ ユア タイ(タイ ユア タイ青山)
PAGE 3

ほんのりオリーブがかったお洒落なブラウン

秋冬らしいブラウンのフランネル素材を用いた3つボタン仕様。適度にワイドなラペルや1プリーツパンツなどクラシックな味付けを随所に施すことで、今季的なムードをさりげなく演出してくれます。13万円/ソブリン(ザ ソブリンハウス)

クラシックが香り立つ3ピース型

ジャケットはチェンジポケット仕様、ジレはラペルドのダブル、パンツは2プリーツのサイドアジャスター付きと、クラシック回帰の流れを全身で表現した設計になっています。16万5000円/タリアトーレ(ビームス ハウス 丸の内)

変化球のブラウンスーツも大いにアリ

ダブルの6つボタンながら、ラペルはピークド型ではなくノッチド型。一枚仕立てやパンツの叩きステッチの恩恵で、軽やかに着こなすことが可能。カジュアルにスーツを着たい方向けの一着かと。16万2000円/ボリオリ(ボリオリ 東京店)

ブラウンスーツはこんなに着回せる

左●ブラウンスーツは白シャツ&白チーフで十分ドレッシーな雰囲気にタイドアップ可能です。ネイビー、グレーの次なるビジネススタイルの色調として絶好です。スーツ14万円/デ・ペトリロ(伊勢丹新宿店)、シャツ2万9000円/スティレ ラティーノ、チーフ2800円/ビームスF(ともにビームス ハウス 丸の内)、タイ2万5000円/フランコ ミヌッチ(エストネーション)

右●ブラウンスーツは柔らかな印象ゆえ、ドレスダウンにも使いやすい色。ミドルゲージの白ニットにスカーフをさらりと巻けば、艶のある着流しスタイルが完成します。スーツ14万円/デ・ペトリロ(伊勢丹新宿店)、ニット3万2000円/グランサッソ(エスディーアイ)、ネッカチーフ2万円/アネー(ビームス ハウス 丸の内)

■お問い合わせ
伊勢丹新宿店 03-3352-1111
ザ ソブリンハウス 03-6212-2150
タイ ユア タイ青山 03-3498-7891
ビームス ハウス 丸の内 03-5220-8686
ボリオリ 東京店 03-6256-0297

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL