• TOP
  • WATCHES
  • 【注目時計】 ストラップでエレガントもカジュアルも自在! なオールマイティ・ウォッチって!?

2021.12.24

SPONSORED

「オーデマ ピゲ」の新作コレクション

【注目時計】 ストラップでエレガントもカジュアルも自在! なオールマイティ・ウォッチって!?

日々、仕事や遊びに妥協しない──そんなデキる男の腕元には、常に進化を止めない「オーデマ ピゲ」の時計が似合います。ライフスタイルに寄り添うオールマイティウォッチのコレクションをご紹介しましょう。

CREDIT :

写真/渡辺修身 スタイリング/久 修一郎 ヘアメイク/HIROKI(W) 文/篠田哲生

オヤジはいつでも好奇心旺盛。ファッションも遊びも多岐にわたっているから毎日が楽しいのです。となれば、時計だってさまざまなシーンに合わせたいもの。「オーデマ ピゲ」の時計たちは、築いたその地位に安住せず、常に進化しています。まさにオヤジの多様なライフスタイルと、ともにある時計なのです。

◼️ Collection 1

“インターチェンジャブル”でエレガントもカジュアルも

今年リニューアルされた『ロイヤル オーク オフショア』は、新たにインターチェンジャブル式のストラップを採用。道具は不要で、簡単にストラップを変えることができるのでさまざまなスタイルに合わせられるのです。

まさにオヤジのためのオールマイティウォッチ

▲ for Casual Style
時計は次ページと同じ。ダウンベスト23万9800円/キーレッド(ストラスブルゴ)、ニット3万9600円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)
▲ for Elegant Style
時計は次ページと同じ(付属のアリゲーターストラップ着用)。スーツ13万2000円/リング ヂャケット(グジ 東京店)、シャツ5万7200円/フライ(ストラスブルゴ)、靴18万7000円/エドワード グリーン(エストネーション)、ソックス3520円/パンセレラ(真下商事)
43㎜というボリューム感のあるケースサイズやブラックセラミック製ベゼルといった『ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ』の迫力なら、カジュアルスタイルもスーツスタイルも、オヤジの貫禄をさらに格上げしてくれるでしょう。
PAGE 2

絶妙なサイズ感とタフなディテール

▲ 『ロイヤル オーク オフショア クロノグラフ』 自動巻き、18KPGケース(43㎜)、ラバーストラップ(アリゲーターストラップが付属)。10気圧防水。665万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
これまでは42㎜径と44㎜径のモデルがありましたが、今年はその中間である43㎜径が登場。定番時計がさらなる熟成を重ねました。ラグをカーブさせることで腕なじみの良さを高めつつ、モダンで力強いプッシュボタンを組み合わせています。

操作が至極簡単なのも大きなアップデイトです

インターチェンジャブル式のストラップが付属しており、このモデルの場合はブラックラバーのストラップとブラックアリゲーターのストラップを用意。ラグ裏のプッシュボタンで簡単に着脱可能。
PAGE 3

◼️ Collection 2

“スポーティなドレス顔”でエレガントもカジュアルも

正面から見るとドレッシー、でもサイドから見ると
立体的に設計されていて、かなり存在感がある。
『CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ』はオヤジの毎日に寄り添うライフスタイルウォッチなのです。

 色気あるブルーで印象的な腕元に

▲ 『CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ オートマティック』 自動巻き、18KWGケース(41㎜)、ラバー加工のストラップ。3気圧防水。357万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
ラウンドケースの間に、オーデマ ピゲのアイコンである八角形のミドルケースを挟み込んで立体的な造形に。ダイヤルはグラデーション仕上げのブルーで、光の当たる角度によって濃淡を変化させます。カジュアル感のあるストラップを合わせており、軽やかに楽しめそう。
PAGE 4

 素材と加工で新たな価値を作る

▲ 『CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ クロノグラフ』 自動巻き、18KPGケース(41㎜)、ラバー加工のストラップ。3気圧防水。533万5000円/オーデマ ピゲ(オーデマ ピゲ ジャパン)
ミドルケースの素材をブラックセラミックに変更することで、ブラック×ゴールドの艶っぽい配色になりました。しかもラグを肉抜き加工しているので、ミドルケースの仕上げや立体感も鑑賞できます。ダイヤルに縦のヘアライン仕上げを施しており、モダンな雰囲気を演出しました。

カジュアルを格上げする美しい黒金時計

▲ 時計は写真上と同じ。シャツ3万5200円/ラファーボラ、ニット4万700円/ラルディーニ(トヨダトレーディング プレスルーム)
ラグジュアリーウォッチでありながら、素材感やデザインによって、スポーティさやカジュアルさが加わっているので、きれいめのカジュアルスタイルと好相性。ニットの上にシャツを羽織るくらいのシンプルなコーディネートでも、時計の存在感のおかげで、品格が際立ってきますよ。

※表示価格は2021年12月24日現在のものとなります。
2022年2月号より
※掲載商品はすべて税込み価格です

◼️ お問い合わせ

オーデマ ピゲ ジャパン 

TEL/03-6830-0000

日本特別コンテンツはコチラ!

協力
グジ 東京店 03-6721-0027
ストラスブルゴ 0120-383-563
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
真下商事 03-6412-7081
リーミルズ エージェンシー 03-5784-1238

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.JPの最新ニュースをお届けします。

SPECIAL

    おすすめの記事

      SERIES:連載

      READ MORE

      買えるLEON

        【注目時計】 ストラップでエレガントもカジュアルも自在! なオールマイティ・ウォッチって!? | メンズウォッチ(腕時計) | LEON レオン オフィシャルWebサイト