With NIKITA

「オートモビル カウンシル 2016」が開催

日本初となるヘリテージカー・イベントに名車が集結

0510nikita_01

最新モデルも一般に大公開/初代「カローラ」と50周年記念限定車の展示をはじめ、日本初公開となるアバルト124スパイダーや最新のマクラーレン570GTなども多数出展。購入できるヘリテージカー展示はまさに大盛況でした。そんな「AUTOMOBILE COUNCIL」の詳細はhttp://automobile-council.com

海外ではすでに文化として定着している、ヘリテージカー市場。それを日本でも広めようという狙いのもとに開催されたのが「オートモビル カウンシル 2016」です。なぜ、このタイミングで開催となったのかというと、いま自動車産業自体が変革期を迎えているから。ハイブリッドや電気自動車といった次世代自動車の台頭とともに自動運転などの技術が投入され、自動車がモビリティへと変化していくなかで、かつての名車やその魅力を再認識することで、新たな自動車文化を構築する、というのがこのイベントの趣旨なのですね。

そこで会場には新旧を代表する日本の名車を並べるような形で展示したり、海外メーカーは最新モデルを一般公開し、大いに話題を集めました。なかでもひと際注目を集めていたのが、実際に販売されるヘリテージカー約100台を展示するという試みです。これには愛好家ならずとも、歴代の名車が手に入るとあって熱い視線が集中。またクルマのみならず、デザイン、ファッション、ライフスタイルといった切り口でのトークショーも行われるなど、充実した内容で3日間を通して合計1万8572名が来場するという盛況っぷり。早くも来年のイベントが待ち遠しくなるほどの賑わいでした。

文/いとうゆうじ

0510nikita_02
ジャーナリストによるトークショーでは小誌編集長も登場し、熱いトークを披露。

Related