モテるオヤジの簡単クッキング for Web

第19回:メンチカツ

第19回:メンチカツ

モテるオヤジの簡単クッキング for Web

第19回:メンチカツ (1/3)

料理上手はアレンジ上手、なのですよ

本誌3月号に収録している料理連載「モテるオヤジの簡単クッキング」では、銀座のステーキハウス「銀座 いしざき」の石崎洋一シェフから教えていただいたハンバーグの作り方をご紹介しています。このハンバーグというのはなかなか魅力的でして、作る工程でちょい横道にそれると、メンチカツ、スコッチエッグ、ロールキャベツ、ピーマンの肉詰め、はたまたミートパイにアレンジできてしまう。詰まるところ、ふり幅を広げやすいんですね。で、そんな“兄弟”の中から本ウェブでは「メンチカツ」にフォーカス。ハンバーグを作って余ったタネを活用させます。できあがりは衣サクサク、肉汁ジュワリ。頬張れば必ずや笑顔がこぼれるはずです。手順をマスターして、リメイク上手に磨きをかけてくださいまし~!

今回の料理人はこちら

chef

石崎洋一さん

1976年生まれ。肉通には言わずと知れた銀座のステーキ店「加藤牛肉店」でシェフを務めた後、満を持して独立。2016年8月に「銀座 いしざき」を開店し、肉づくしのコース料理で肉の旨さ、愉しさ、奥深さをゲストに提案しています。

<材料> ※2人分
ハンバーグのタネ 200g
豚うで肉 100g
塩 適量
黒胡椒 適量
小麦粉 適量
卵(全卵) 1個
牛乳 30ml
生パン粉 適量
揚げ油 適量

Step01豚肉のミンチを作る

01

ミンチは買ってくるものとお思いかもしれませんが、いやいや、自分で作れるんです。「今日はコイツをミンチにしてメンチカツ作るね」なんてさらりと言えば、目の前の女性は諸兄に羨望のまなざしを向けるはず。というわけで、まずは豚のうで肉を薄くスライスし、続けて細切りにしましょ。

Step02豚肉を細かくする

02

薄くスライスした豚肉を包丁で叩いて細かくします。粘り気が少し出てきたら完成です。

Step03ハンバーグのタネの残りと豚肉のミンチを合わせる

03

01に塩と黒胡椒をふり、本誌3月号でご紹介したおいしいハンバーグのタネ(200g)とよく混ぜ合わせます。

【石崎シェフ直伝・おいしいハンバーグのタネの作り方】
※本誌を見ていない人のために特別にご紹介!

<材料>
牛すね肉(カレー用) 300g
牛脂 50g
タマネギ(みじん切り) 1/4個
にんにく(すりおろし) 少々
卵(全卵) 1個
コンソメスープ 100ml
粉ゼラチン 10g
ケチャップ 大さじ1
塩 適量
黒胡椒 適量
ナツメグ(パウダー) 少々
バター 少々

1.タマネギをみじん切りにして炒めます。
2.熱したフライパンに油を引いてバターを溶かし、タマネギを炒めます。おろしにんにく、コンソメスープ、ゼラチンを加えたらボウルなどに移して氷水で冷やします。
3.牛スネ肉を豚肉と同様に細かくしましょう。
4.ボウルで牛スネ肉のミンチ、ケチャップ、塩、黒胡椒、ナツメグ、卵、細かくした牛脂、2を手でよく混ぜ合わせます。

次のページへ
Step04 衣の材料をスタンバイ

Related