セレブなバカンス

「尾道」に起こる新しい動きをキャッチ

ギラリな太陽と海の港街で
アクティブな休日を

ギラリな太陽と海の港街でアクティブな休日を

セレブなバカンス

ギラリな太陽と海の港街でアクティブな休日を (1/4)

※本特集は2014年6月号で掲載した企画の抜粋です。

名だたる海外のリゾートに負けず劣らずの、新しいカタチのリゾート開発がいま広島の尾道で起こっています。どんな面白いことがあるのかを探るべく、取材を敢行しました。そこで待っていたのは、800年の時をへて趣を深めた街並みやフレッシュな海の幸、あったかな人情と……。無人島クルーズやサイクリングなど、アクティビティも予想以上に充実!

空も海も陸も、自由気ままに

celeb_04_01

■左上:広島空港からヘリコプターで飛び立ち、時速200kmで「ベラビスタ」方面へ。■右上:「ベラビスタ」が所有する無人島のBBQに向けて出発!■左下:近隣の境ガ浜マリーナには、たくさんのクルーザーが係留中。■右下:「大好きなバイクに乗れるの、とってもうれしいヨ!」尾道水道沿いをひた走ったあと、しまなみ街道を眺めながらひと休み。

プライベートでも仕事でも、旅で行くなら断然、太陽が降り注ぐ暖かな場所が好き。そんなジローラモが今回、「セレブなバカンス」の滞在先として選んだのは、広島県の尾道です。訪れた3月末はまだ肌寒さが残るものの、霞がかった瀬戸内海や水面に反射する太陽が、夏も間近と感じさせます。広島空港からヘリコプターで上空に上がると、大小の島々が織りなすのどかな風景も相まってか、眠たそうなジローラモの顔に、みるみる生気が蘇ってきました。

旅の目的は、古くは平安時代末期から交易で栄えてきた歴史ある港街に起こる、さまざまな新しい動きをキャッチすること。また、サイクリングやクルージングなど、海と山に囲まれたこの地ならではのアクティビティも体験できます。その拠点となるのが、瀬戸内海随一のリゾートホテル「ベラビスタ境ガ浜」。ラグジュアリーなもてなしは、ヘリコプターによるお迎えから始まったわけですが、広島空港からホテル敷地内にわずか15分で到着。世界屈指の造船会社・常石グループが、かつてお客様を進水式に招待する際に利用した宿泊施設だっただけに、出発前からそのスケール感に期待をふくらませていたジローラモはいったい、どんな発見をするのでしょうか!?

オヤジの心と体をリセットするリゾートホテル

雄大な瀬戸内海を眼前にひとり時間に浸れる至福

デキるオヤジほど、日常の忙しなさから離れて上手に自分時間を過ごしているもの。その点、リゾートホテル「ベラビスタ」ならオヤジのひとり旅をしっかりサポート。女性とのふたり旅行も、ロマンティックに演出してくれるでしょう。

地元作家の作品や柑橘類でゲストたちを歓迎してくれます

celeb_04_02

沈みゆく太陽を眺めながらスイートルーム「ザ・ベラビスタ」の露天風呂で過ごす最高の贅沢。

celeb_04_03

■左上:全体で100㎡もの広さを誇る「ザ・ベラビスタ」の寝室。デニムのクッションカバーをはじめ雑貨や家具のひとつひとつにまでオーナーの意向が。■右上:暖かな気候の瀬戸内はデコポンなどの柑橘類の生産が盛ん。季節ごとの果物でゲストを歓迎してくれます。惜しみなく湯船にも入れて見た目に鮮やかな露天風呂を演出。■左下:いまや世界的にも評判の高い尾道のデニムが、客室のファブリックや壁に飾られたフレームにも使われています。従業員のみなさんがデニムのセットアップを着用しているのも新鮮!■右下:テラスに置かれたベッドでゴロンと寝転がりながら、ぜひとも彼女と特別な景色にシャンパンで乾杯したいもの

次のページへ
昼間はカフェとして営業

Related