代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて

今宵はハリウッド・セレブと酔いどれて⁉︎(123)

石井 洋
LEON編集長代理 編集長と共に全体をディレクションするほか、モードページも担当する。

突然ですが皆さま、ワタクシ代理・石井は、
このほど、あのピアジェの広告に出演することになりました!
長い間お断りし続けてきたのですが、
三顧の礼に背を向けることは、男・チャン・イシイにはできず、、。
その証拠にもうすでに撮影を済ませましたので、
読者の皆さまに先んじてご披露致します!

hc_141016_02

どうですか~、この表情。イキってますねぇ。
え?なんか怪しいですって?よ~く見てくださいよ、
しっかりブランドロゴも入っているでしょう?
ふんとにも~、疑ってかかるだなんて失礼しちゃうな~、、、、
「ティンティティティンティリティンテリティン♪♫♬、、、、」
誰だ誰だ、こんな時に携帯鳴らすヤツは~。
「石井さん、みんなロビーで待ってますよ!
SIHHの取材に遅れちゃいますよ~!」
す、すーさん、マジごめん~!急いで支度するっす!

そ、そうだった、このブログをジュネーブのホテルで
書きながら寝落ちしてしまったんだ、、ひ、ひぃ、、。

hc_141016_03

そうなんです、ワタクシ石井は、スイス・ジュネーブで開催されている
高級時計の見本市SIHHの取材に来ておりまして。
ピアジェが誇る薄型エレガンス時計「アルティプラノ」が60周年の節目を
迎えたということで、インターナショナル・ディナーに
お呼ばれしたのでした。会場は大規模なリノベーションを終えたばかりの
ピアジェ本社。入り口からムード満点のライトアップがなされ、
嫌が応にも期待が高まります!

会場内ではアルティプラノの歴史を紐解くインスタレーションが
展示されており、前出の写真はその一環として
アルティプラノを着用したポートレートを
プロのフォトグラファーに撮影していただいたもの。
ここまで引っ張って置きながら、妄想&夢オチという、、
関係各者の皆様、大変申し訳ございません、、。

hc_141016_03

美味しいディナーに舌鼓を打っておりますと
なにやらスペシャルゲストが登場とのアナウンス!
お、お、ま、まさかの、、

hc_141016_03

映画『デッドプール』のヒットも記憶に新しい
ライアン・レイノルズではありませんか!
ハリウッドの期待を一身に背負う、ニュージェネレーション筆頭の彼は
ピアジェのインターナショナル・アンバサダーを務めているのですね。
写真の腕元にもしっかりアルティプラノが鎮座しております。

hc_141016_04

というわけで、
「ヘイ!ライアン!映画最高だったぜ。
まさにR指定ヒーローだね!言うなれば、ちょい不良ヒーロー。
でもって、さっきウィキったら、俺の3つ下じゃないか。
てことは、俺は人生の先輩ってことで、、
一緒に写真撮ってくんない?」
と拙い英単語で会場中の先陣を切ってみました、の図。
ライアンはほんとに気さくないい人で
なんなくツーショットも撮らせてくれました。
映画さながらのまくし立てる話し方で、
笑顔が優しいジェントルマンなライアン。
さらにファンになってまうやないかい!

hc_141016_03

でもって、気になるアルティプラノですが、こちらは
ケース径40㎜、復刻ロゴを冠した限定の最新モデル。
それぞれカラーごとにWG、YG、PGのケースを備えます。
薄型ムーブメントに定評のあるピアジェが満を時して発表しただけあって
エレガントにしてセクシーな雰囲気がプンプン。
とりわけこのグリーンが、退廃的でピアジェらしくてグンバツでありました。

hc_141016_03

こちらも限定のアルティプラノ。
クロスラインが描かれた38㎜モデルは
腕元に載せた瞬間に、「正直モテそう、、」な匂いを放ちます。
個人的に最も刺さったこのモデルは、ライアンがしていたものと
同じモデルなんだとか。いや~気が合うね~。
というわけで、零下4度の夜なのに
ホットな気持ちで杯が進んだのでありました。

これからのピアジェに注目ですよ~。

というわけで、シーユー!

Related