代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて

代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて(119)

石井 洋
LEON編集長代理 編集長と共に全体をディレクションするほか、モードページも担当する。

代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて(119)

1)

CVSTOS(クストス)といえば、ラグスポ時計の雄として知られる
時計ブランド。我らがLEON RACINGの名パートナーとして
共に熱いレースを戦う相棒のような存在でもあります。
そんなクストスのチーフデザイナーである
アントニオ・テラノヴァ氏が来日を果たし、なんとワタクシ
代理・石井とトークショーを行ったのですね。
しかも! 舞台となったのは香川・高松のシーサイドレストラン
ミケーレ。高松といえば、ピンと来たゼンマイオヤジさんも
多いことでしょう。そうなんです、我々ふたりを
ご招待くださったのはEYE EYE ISUZUさん。
かくしてLEON×クストス×EYE EYE ISUZUの
トリプルコラボが実現したのでした。

2)

ハイテク、スポーティ、ラグジュアリーという3つのテーマについて
クストスのブランド理念を伺いながら、15周年を迎えた
LEONのコンセプトやこれからについて、さまざまな視点で
話をさせていただきました。

3)

トークショーの合間もご来場いただいたお客様を
チェックしていたのですが、驚いたのは若い方が思いのほか多く
そして熱かったこと。なかには女性だけのお客様も
いたりするなど、高松の、四国の時計好きは熱いな〜、と。
トークショーが終わってからもLEONのコンセプトや撮影裏話など
質問攻めに合いまして、一緒にワインを飲みながら
あれやこれや、話に花が咲き乱れました。

4)

右からEYE EYE ISUZUの飯間さん、アントニオさん、ワタクシ。
トークショーも無事終わり、熱い絆が生まれたのでした。
またぜひこのメンバーで集まりたいものですな。

5)

クストス×LEONのコラボモデルもしっかり飾っていただきました。
「俺、次はクストス買います!」と宣言したキミ〜、
仕事頑張って、次はコヤツで頼むで〜!

6)

そして高松の締めは、知る人ぞ知る「中川」で。地元の魚をメインとした
お寿司屋さんで、その美味しさは、銀座の名店に負けずとも劣らないもの。
おまけに大将がまさかの同い年! ということで記念にパチリ。
いや〜、美味しかった。高松に行く理由がまた増えてしまいました〜。

というわけで、お世話になりましたスタッフの皆さま、
誠にありがとうございました! また次回、お願いしやす〜。

では!

Related