なりきり淑女の菅でスガ、何か♥

新たなコーヒーウェーブ編

菅 礼子
情報担当。パーティーや新規オープンの取材を担当する。

こんにちは、サンフランシスコでの
生活もあっという間に3か月近くが過ぎ、
今はニューヨークに移動してきました。
サンフランシスコのリポートも今回で最後です。
結局今年は夏が来なかったなぁと、
さみしい気分の菅です。
日本はもう涼しくなりましたか?

さて、西海岸といえばコーヒーカルチャー発祥の地。
サンフランシスコには現在注目の
コーヒーショップがいくつもあり、しのぎを
削っているのでここでご紹介。一部の店舗は日本にも
間もなく上陸しそうな予感です。

今注目を集めているのがサードウェーブコーヒーです。
スターバックスに代表されるシアトル系が
セカンドウェーブだとすると、サードウェーブは
ショップのインテリアだけでなく、豆の焙煎にも
こだわったコーヒーのこと。ほとんどの店が店内の
焙煎機で豆をひいてサーブ、販売をしています。
酸味がある味わいも特徴なのですね。


サードウェーブコーヒーはまだチェーン店化
していないところも多く、“ここだけ”感もいいですねぇ。



インテリアはどこもウッド調のものが多く、
落ち着いた雰囲気。こちらはユニオンスクエアから
ほど近い中心部にある「ブルーボトルコーヒー」。
オーガニックフェアトレードの豆を自家焙煎しています。
販売されている豆は焙煎後48時間以内!
なんともいいようのないエネルギーが
どこの店にもありました。もちろん長蛇の列!

ブルーボトルコーヒー
酸味★★★☆☆
www.bluebottlecoffee.com/

続いては今注目のエリア、ミッションエリアにある
「フォーバレルコーヒー」です。こちらのお店は
店内奥にある大きな焙煎機が目を引く
パフォーマンス性のあるお店。店内はこちらも
長蛇の列。店外には自転車スタンドがあり、
ファッショナブルな若者が自転車で乗り付け、店内で
コーヒー片手にラップトップでお仕事をしていました。



コーヒーはどこのお店も3ドル程度。

フォーバレルコーヒー
酸味★★★★★
http://fourbarrelcoffee.com/



「リチュアルコーヒー」もミッションエリアにある
注目コーヒーショップのひとつ。2005年に創業し、
現在はサンフランシスコに3店舗、ナパに1店舗を展開中です。

リチュアルコーヒー
酸味★★★★☆
www.ritualroasters.com/


コーヒーショップ最後のご紹介は
「サイトグラスコーヒー」。個人的にはここの
お店の雰囲気が一番好きでした。ウッド調に天高の
店内はリラックスできるスペースで、大きな
焙煎機とコーヒーカウンターもあり、本格的なのです。
味もそこまで酸味が強くなく、飲みやすい印象。
最初は苦手だった酸味のあるコーヒーも、
いろいろな店舗を回っているうちに、
酸味がないと物足りない感じさえしてしまうから
不思議です。日本でのブーム到来が待たれるところ。


サイトグラスコーヒー
酸味★★★☆☆
https://sightglasscoffee.com/

OMAKE
注目ミッションエリアの人気レストランと
ベーカリーをご紹介。


NOPA
http://nopasf.com/

シンプルなカリフォルニアの郷土料理をサーブする
ノーパは予約が取れないお店としても有名です。
店内は長いカウンターの立ち飲みスペースのほかに
テーブル席を用意。ハッピーアワータイムは
ごった返してすぐには入れない人気店!


ジューシーなローストチキンは約20ドル。


TARTIN BAKERY
www.tartinebakery.com/

サンフランシスコで一番人気のベーカリー。
本当にいつみても長蛇の列!パリで修業を積んだ
オーナーが2002年にオープン。パンのほかに
ケーキも販売しています。

次回からはニューヨークレポートをお伝えします。
では~。

Related