Po Channel

カリスマ肉職人がパリから来日!編

斉藤 奈緒
ジュエリー担当。ホテルや美容のジャンルにも関わっている。

こんにちは斉藤です☆

突然ですが、お肉ラバーズに朗報です!
パリで最も有名な高級精肉店『ユーゴ・デノワイエ』の
海外第1号店が、今年の10月中旬に恵比寿にオープン
するそうです!Super !
『ユーゴ・デノワイエ』は、パリの三ツ星レストランシェフ達を
顧客に持つことでも有名な、高級精肉店。
精肉店もターブル・ドットも連日大盛況で、プロから一般家庭まで
幅広く支持されているんです。
そんなユーゴ・デノワイエ恵比寿店は、1Fがお肉屋さんとタバスバー、2Fがメインダイニングになるそうで、今からオープンが待ち遠しい★★★

ということで先日、先駆けてユーゴさんが来日し、お肉へのこだわりや哲学を
直接お聞きし、贅沢にもお肉を堪能させていただきました!


ユーゴ・デノワイエ氏。
「牧場から、調理、そしてお皿に乗るまでが、肉職人の仕事」
と考えるユーゴさん。「食べる牧草が牛の肉の味を決定づける」というコンセプトゆえに
牛は条件がそろった環境のもとで、自然の草や穀類を食べさせ
ストレスなくゆっくりと成長させるとのこと。

今回は、『ユーゴデノワイエ恵比寿店』のシェフに抜擢された
齊田武シェフも一緒に。齊田シェフは、ジョエル・ロブションでキャリアをスタートさせ、
その後渡仏し「ル・セヴィロ」2号店で4年半熟成肉と肉の調理について学んできたそう。


そんなお肉を知り尽くしたユーゴ氏の料理は本当に美味でした。
仔牛のタルタル&ローストとビーフステーキをいただきました。
そして、ビーフステーキは
3,4週間熟成した「デリカ」と、5,6週間熟成した「ロン」の
食べ比べをさせていただきました。
繊細なデリカとまろやかなロンの違いがわかり、
こんな体験は、初めてでとても贅沢でした!!

ありがとうございました!!

■「ユーゴ・デノワイエ恵比寿店」
10月中旬オープン
http://www.hugodesnoyer.jp/

Related