本日の業務外連絡

あの「エル ブリ」が日本で再現⁈

堀川 博之
12月入社した第二の堀川。クラシックからモードまでファッション全般をカバー。 40の手習いで始めたゴルフは年内100切りがマストか。

こんにちは。
しだいに夏の気配を感じるこの頃、
喉を潤してくれるのにふさわしいのが、シャンパンではないでしょうか。

今回は先日、体感した夢のディナーのお話しを。
「THIS IS NOT A DINNER」と題された食事会。こちらを首謀したのはドン ペリニヨンの醸造最高責任者であるリシャール ジェフロワ氏とエルブリ ファウンデーションのフェラン アドリア氏。

写真 1

ご存知とは思いますが、エル ブリはいまや伝説のレストラン。伝統的な料理から余分なものを削ぎ落として、純粋なるエッセンスのみを使って、想像を超える料理を提供し続けたお店。

そのフェラン アドリア氏が、世界で初めて国外で料理を手掛けるイベントなのです。
そのために特別に厨房を作り、本国から20名の料理人を終結。たった一晩、たった40名のためのディナーを作るだけに注力されたエネルギーたるや、凄まじいものでした。
写真 2
3
4

スタートはソロ テイスティング。
テーブルには、ドン ペリニヨン、グラス、ノートにペン。次の瞬間、カーテンが個別でひかれ、まさにひとりの個室でヴィンテージが味わえる仕様なのです。

5
6
7

ドン ペリニヨンとのマリアージュは
24種のラグジュアリーなスナックが展開されました。どれも濃厚で意表を突くものばかり。

8

個人的には、花々が散りばめられたスナック。花束を食しているかのような、濃厚な薫り。しかも花びらは美味なのです。

9
10

エッジでラグジュアリーなドン ペリニヨンの世界観に、今回も驚かされたのでした。

ドン ペリニヨン
www.domperignon.com

Related