代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて

副編……改め、代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて(96)

石井 洋
LEON編集長代理 編集長と共に全体をディレクションするほか、モードページも担当する。

Ciao! 皆さま
ブログタイトルが変更していることからもお分かりのとおり、
ワタクシ、昨日付けで副編集長から編集長代理と相成りました。
“副編”の呼称に倣って“編代”としようかと思いましたが、
“へんだい”と“へんたい”ってちょい似だな……と思い、
今後は、代理・石井の〜とさせていただきます。
引き続き、面白い誌面作りに邁進して参りますので
何卒宜しくお願い致します!

1)
※目線には「真面目顔です」と入っています。念のため。

というわけで、代理という責任ある任務を無事遂行するため、
スペインはバレンシアのカテドラルを訪れました。
え〜、高いところから申し訳ございません。

2)
※目線には「ご指導・ご鞭撻よろしくお願いします!」と
入っています。念のため。

え〜、それでは皆さま、ご清聴を。
代理としての決意及び目標を発表させていただきますっ!!!

………というのは嘘です。冗談です。誠に申し訳ございませんっ!
前回のブログでもお話しましたが、実はワタクシ、
スイス・バーゼルでの時計取材の後、ポーセリアン・アートの雄、
リヤドロの取材のためスペイン・バレンシアを訪れていたのですね。
その理由は……LEON6月号(4/24売)の誌面をご覧くださいませ!

3)

こちらがバレンシアのカテドラルの外観。
ゴシック建築ながら、バロックやロマネスクの様式も混じっており
その奥深い魅力は世界中の人を魅了しております。
加えて、こちらには、なんと!
イエス・キリストが最後の晩餐で使用したという“聖杯”が
納められているのですね。実は、世界各地に“聖杯”だとされるものが
存在しているそうなのですが、バチカンが認めているのが
こちらのもの。いや〜、胸が高鳴ります!

4)

カテドラルのなかでもひと際厳かで、ピンと張りつめた礼拝室の奥に目をやると……
アーチの奥に、あぁ〜、あれか、あれなのかっ!!!

5)

どぁ〜! これだ、これなのだっ!!!
黒メノウで作られた“聖杯”は、やはりものすごいオーラを放っておりました。
ちなみに上の黒い器が“聖杯”で、下の台座は後年作られたものだそうです。

え〜、ちなみにこの写真は、パンフレットに載っていた写真の複写です……。
だって、こんなに近寄ることはできませんもの……。

とはいえ、実際にこの眼で“聖杯”を確認できたことは
本当に貴重で、代理としての決意をお祈りできたことは何ものにも
代え難い体験でありました。

6)

というわけで、仕事に遊びに頑張るぞい!っと。
せっかくのゴルフinバレンシアでは、まだ効き目でなかったなぁ……トホホ。

おまけ!
このサイトをご覧いただいているとお分かりかと思いますが、
ただいまLEON webでは、アンケートに答えて
モテる逸品が当たる!企画を開催中です。
皆さま奮ってご応募を!

では!

Related