本日の業務外連絡

買い物をしないパリ

堀川 博之
12月入社した第二の堀川。クラシックからモードまでファッション全般をカバー。 40の手習いで始めたゴルフは年内100切りがマストか。

先月、出張の合間にパリへ。
ほんの数時間でしたが、
少し肌寒い5月のパリは最高でした。

4

今回の目的はこちら、
現在パレ・ド・トウキョーで行われている杉本博司展
「Lost Human Genetic Archive」
(今日 世界は死んだ もしかすると昨日かもしれない)。
人類が滅亡した後に、その架空の原因を
全33のショートストーリーで展示・解説するというもの。
ちなみにこの33というのは後白河法皇が建立した三十三間堂にちなんでいるとか。
あの世をこの世に再現するというコンセプトに共鳴したのかもしれません。

1

2

写真から古美術、化石、初音ミクまで織り交ぜてのインスタレーション。
世界の海を撮影した有名な「海景」から
放電現象で直接生のフィルムに焼き込んだ
「ライトニングフィールズ」まで一同に展示。
そのどれもがオリジナリティのあるコンセプト、世界観、
ディテールの作り込みが凄かった。
自分のなかの「時間の概念」が揺さぶられるようで、
とっても興味深いものでした。
展示されている化石や矢じりなどすべて杉本さんのコレクション。
杉本さん、実はNYで古美術商もやっていたという
凄腕の目利きでもあるんです。

テーマはダークというか終末的ですが、
どれもくすりと笑えるユーモアがある。
そして見とれるくらいにどの作品も美しい。
実物ははやり違いますね。

シャンゼリゼ通りの近くなので、
そぞろ歩きしながら寄るってのもいいでしょう。
9月までなので、パリに寄られる際はぜひ。

その後、喉が渇いたので
カフェ・ド・フロールへ移動。

写真(2)

3

パリを代表する老舗カフェのひとつで、
山下哲也さんがギャルソンを務めています。
フランス人以外で初めてのメゾン・ギャルソンに就任した方で、
これなかなり凄いことなんです。
機敏でエレガントな所作は文句なくかっこいい。
観光で訪れるかたも多いので、混みがちではありますが、
常連さんや家族連れがくつろいでいるという
この気張らない地元感がいいですよね。

写真

写真(1)

という感じに、
またには、買い物をしないパリもいいものです。

PALAIS DE TOKYO
http://palaisdetokyo.com/en/exhibition/aujourdhui-le-monde-est-mort-lost-human-genetic-archive

Café le Flore
http://en.wikipedia.org/wik

Related