代理・石井の今宵も誰かと酔いどれて

副編・石井の……今宵も誰かと酔いどれて(79)

石井 洋
LEON編集長代理 編集長と共に全体をディレクションするほか、モードページも担当する。

どうもご無沙汰しております!
部員が増え、ブログの登板回数が減ったことに一抹の淋しさを覚えつつ、
忙しい時に限って「うわ!明日オレの番やぁ〜(汗)。
誰か変わってくれないかなぁ」と毎回叫んでいる、副編の石井です。
ふと懐かしいマーフィーの法則を思い出してしましました……。

気を取り直して。
さて、今回は大好きなブランド、ナイジェル・ケーボンについて!
ショップが移転リニューアルを果たしたと聞き及び、
もちろんお邪魔してきました。

 

まずはもっちろんナイジェルさん!久しぶりのご対面でしたが
相変わらず握手の際の力が半端なかったなぁ。
それだけでうれしくなってしまいました。
ナイジェルここにあり!と。

 

店内はこんな感じ。氏の洋服に対する愛情がビシビシに感じられますね。
以前よりだいぶ広くなり、見やすさもアップ。
お買い物がしやすいのです。

 

今回は展示会も同時開催だったのですが、2シーズン目のレディスが
これまた抜群で。ナイジェルのレディスをさらりと着ている女性が
いたら、思わず後ろを付いていってしましそう……。
写真はフルカシミアのロングコート。バイクに乗るときの
軍モノをモチーフにしたものだったような。

 

会場にいたお洒落な女性。「そうそう、こういう感じで着てほしいんだよねぇ」
と思っていると、なんとこの方がナイジェルのレディースを担当している
デザイナーさんでした。アグネスさんは、数々のメゾンを
経験してからの現職だそうで、服好きが行き着いた先、
という雰囲気がヒシと伝わってきました。
人柄もとってもキュート。洋服を説明してくれる際の真剣な
まなざしに胸キュンした次第であります。

 

まだ仕事が残っていたので、後ろ髪を引かれる思いで会場を後にしましたが
その際にいただいたプレゼントがこちら。木箱を開けると……

ジャン! ナイジェルらしさ前回の骨太Tシャツが!
18番単糸にして丸胴編みのこちらは、袖のフリーダムスリーブが特徴。
40年代のヴィンテージウエアに良く見られたディテールだそうですが
着るととっても男っぽい!
このTシャツのように、本物感の漂う男になりたいと思った40歳の冬でした。

みなさんもぜひお店に足を運んでみてくださいまし!

 

Nigel Cabourn, THE ARMY GYM FLAGSHIP STORE
東京都目黒区青葉台1-21-4 TEL/FAX: 03-3770-2186

http://www.cabourn.jp/

Related