相棒

相棒シーズン68~ラテンなアイコンウォッチ編~

鈴木 賢二
時計担当。LEON別冊「snap LEON」の編集責任者も務める。

チャオ~、鈴木です。

6月24日発売本誌の時計大特集は
ご覧いただけたでしょうか?

今年の新作時計には、
「これは買いでしょ!」と
心の底から欲しいモデルが
ザックザクでした。

今回紹介する「ブルガリ・ブルガリ」も
そんな魅力的な新作の一本。


長年愛され続ける
アイコンウォッチである
「ブルガリ・ブルガリ」が
今年、デザインを一新。

それを記念し、
「ブルガリ 表参道ツイン・ショップ」にて
エキシビションが開催されました。



このエキシビションでは
1970年代の発売当時の
アーカイブピースが
見られるのです。(素敵!)

特に面白かったのは
1989年発表のチェーンウォッチ。
39ミリケースにイエローゴールドの
チェーンの組み合わせが、
なんともイマドキです。


アーカイブピースだけでなく、
当時の広告ビジュアルや
著名人のメッセージの展示も、
実に面白いのです。


そして、
お待っとさん!の
リニューアルした
アイコンウォッチがコチラ。
新しくなったデザインはもちろん
自社製ムーブメント搭載という充実ぶり。

バーゼルワールド発表の新作時計を、
このタイミングで手にできるのは
ゼンマイ好きには、ほんとに
嬉しい限りですよね。


実は、
「ブルガリ・ブルガリ」には
前身となるモデルがありまして……。
「ブルガリ ローマ」とベゼルに
刻まれた一本がそれで、
その復刻版も世界限定250本で
今年登場したのです。


と、
こんなアイコンウォッチの世界を
みなさんも堪能できちゃいます。

「ブルガリ 表参道ツイン・ショップ
(渋谷区神宮前5-10-1)」にて
7月15日まで開催中ですので
ラテンな時間をぜひ感じてくださいませ。

それでは、チャオチャオ~。

Related