メェメェのタワゴト

メェメェのタワゴト:ペナン漫遊記

八木 千晶
ファッションやグルメ、旅をこよなく愛する。東北出身にもかかわらず、かなり寒がりなアラサー女子。

こんにちは、八木です。
GWはドカンと10連休をいただきまして、、、
ちょこちょこお仕事しつつも、全身全霊で休ませて頂きました、、、
休みすぎたおかげで、職場復帰に緊張が隠せません、、、

そんな連休中の思い出をちょこっとレポートします!
はじめての国、マレーシアでも離島のペナン島に行って参りましたー。
マラッカ海峡に位置する島であり、古くから交易船の寄港地として栄えた島ですが、
現在は文化遺産に認定されている街、ジョージタウンがある島として知られています。

IMG_0882

街は様々なアーティストが描いた壁画がそこらじゅうにたくさんあります。

IMG_0890

ジョージタウンは中国系、マレー系、インド系が共存する都市でもあり、宗教もイスラム教、仏教、道教、ヒンドゥー教、カトリック、英国国教会、シーク教など、多様な宗教施設が共存。
寺院があればモスクがあり、そのそばには教会あるなど多民族都市であることが鮮明にみえてきます。

IMG_0864

この美しい青い建物は、チョン・ファッィー・マンション、通称ブルーマンション。1880年に建てられたもので、大富豪チョン・ファッィーの屋敷でした。(現在はホテルとして運営中)
こちら、もともと真っ白な館であったのですがファッィー氏の息子が青銅器のような青色に塗り替えてしまったそうです。劇的ビフォア&アフターもびっくり。笑
内観もすべて真っ青で、一度見たら忘れる事ができません!でも、とびきりセンスの良い青い家です。

IMG_1128

今回滞在したホテルはペナン島にきたらまずは!な著名ホテル「イースタン&オリエンタル」。
1885年創業の歴史を持ち、創業者はラッフルズ・ホテルと同じという伝統と格式を携えた名門ホテルです。
ヘルマン・ヘッセはじめ有名作家に愛されたことでも知られ、なかには作家の名前が客室に記された「ライターズ スイート」もあるそうな。いつか泊まってみたい〜!
ちなみに、チェックインの際にはトランクにこんなオリジナルステッカー(右下)を貼ってくれました。日本のホテルもこういうのあったらおもしろいかも。

Processed with VSCO with c1 preset

旅の最終日には、いまもっとも人気のレストラン「kebaya」へ。
中華料理の食材に香辛料を加えて調理に取り入れた、見た目がまさに中華で味がマレー的な料理「ニョニャ料理」が味わえます。炒め物がココナッツカレー味だったり、
ザクロ入りの目に美しいサラダが激辛料理だったり、「こんなのはじめて」と「裏切られた!」が満載。あ〜思い出したら、また食べたくなってきた……
店の装飾もどタイプの中国建築で、思わず卓上のお皿もお持ち帰りしようかと思いました。

そんなこんなの弾丸3泊でした〜。充電を放電するべく、お仕事がんばりますっ

Related