オヤジのトキメキダイニング

貞虎

[東京・港区]

東京・港区 [サダトラ]

オヤジのトキメキダイニング

東京・港区 [サダトラ]

※本特集は2016年5月号で掲載した企画の抜粋です。

ビストロですか?居酒屋ですか?

1

オールジャンルOKなわがままカウンター / オヤジはお刺身で日本酒、ニキータはコンフィでワイン。こんなわがままなオーダーがいとも簡単に叶います。〆をスパゲティにするかうどんにするかなんて、可愛い喧嘩でもしてくださいな。

広尾駅から有栖川公園のほうへ入った裏道の二階。隠れ家みたいな場所にあるお店の中は、BARのようなブルーの壁と椅子が印象的。手前のテーブル席を通ってカウンターへ座りメニューを拝見すると、飲み物は日本酒、ワイン、ウイスキー、ラム、サングリアまであるの! フードメニューはお刺身をはじめ、おなじみの和食に交じってチゲうどん、ハヤシライス、カツレツ、スパゲティボロネーゼまで(笑)。きわめつきはカウンターの奥にあるおでん鍋。おでんの具材表が渡され、食べたい物にチェックを入れる方式はまるでおでん屋です。

2

バラエティ豊かなメニューは食べきれないほど / 左から「刺身盛り合わせ」はのどぐろ、真鯛、〆サバ、天然ぶり。石川県能登の純米酒と。人気メニュー「本鴨モモ肉のコンフィ」と「自家製本鴨のサルシッチャ」。赤ワイン、ブーンブーンシラーと。「筍のコンフィ」には苺,オレンジ、ハーブを入れた自家製白サングリアをマリアージュ。

オーナーの本間貞史氏が虎が好きでつけた店名が「貞虎」らしく、御本人はおでんのイメージとはまったく違う、どちらかというとビストロをやっていそうな感じ。でも学生時代にやっていた居酒屋のバイトが好きで、こういうお店を出されたのだそう。純米酒とワインを楽しめるビストロ居酒屋がコンセプトなので、モテるオヤジには一番都合の良いお店。BAR代わりにも、二軒目の〆ご飯にも使える変わり種の居酒屋です。

淑女のトキメキポイント

居酒屋と言えば!な、はずせないおでんがあるなんて。ちなみにこちらは京風出汁です。あれもこれも食べたくなるからオーダーはよく考えましょう。次回は3軒目の〆でおでんっていうのもいいな〜。

3
コートヤードに面した2階です
コの字型の店内は、使い勝手もいろいろ。ゆっくり手前のテーブル席、おでんが目の前で選べるカウンター席も楽しい。1軒目にも2軒目にも。
03-6277-0955
東京都港区南麻布5-14-14 HIROO23 2F
営業/18:00〜翌1:00(L.O.23:30)月休
●本鴨モモ肉のコンフィ 1667円、日本酒1合741円〜、グラスワイン649円〜

東京都港区南麻布5-14-14 HIROO23 2F

貞虎

03-6277-0955
東京都港区南麻布5-14-14 HIROO23 2F
営業/18:00〜翌1:00(L.O.23:30)月休
 

Related