• TOP
  • WATCHES
  • たった1本でどんなシーンもこなせる時計を知っていますか?

2019.06.07

たった1本でどんなシーンもこなせる時計を知っていますか?

時計はベルトでオンにもオフにも印象を変えることができるもの。そのベルトを自分で簡単に変えられたとしたら、それだけで見た目も気分も一新され、1本の時計を倍楽しめると思いません? 今回は、そんな費用対効果が高いチェンジャブル機構を備えた時計のお話です。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/持田慎司

多様化が進む時代のニーズにマッチした、新しい時計のスタイル

季節が変われば、自然と気分も変わるもの。その都度、時計を買い替えるのもよいですが、ベルトを替えるだけでも雰囲気はガラリと変わります。使うシーンやコーディネートでベルトを交換できたら、いいですよね。

昔はわざわざ時計店に持っていかなければベルト交換はままなりませんでしたが、最近では気軽にベルト交換が自分でできるモデルも登場しています。そこで今回は、そんなモデルの中から大人にふさわしい3選を厳選しました。

● ベルト交換がイージー その1 「カルティエ」 

マスターピースに時代の風を乗せて

「サントス ドゥ カルティエ」 LM自動巻き、SSケース(47.5×39.8mm)×ブレスレット(カーフストラップ付属)。74万円/カルティエ(カルティエ カスタマー サービスセンター)
航空界のパイオニアであるアルベルト・サントス=デュモンの依頼を受けてルイ・カルティエが製作したマスターピース、サントスが、こちらの「サントス ドゥ カルティエ」。

ベゼルを飾る8本のビスやマッシブなスクエアケース等、従来のデザインコードをしっかりと踏襲しつつも、簡単にストラップ交換ができるようになりました。
付属のカーフストラップ。© Cartier
特許出願中の「クィックスイッチ」を採用したことで、テイストの異なるメタルブレスレットとレザーストラップとを自由に着け替えることが可能に。しかも本機構はケースの構造に組み込まれているため、デザインや装着感を邪魔する心配は一切なし。

ストラップ裏をワンプッシュするだけで作動するというお手軽さも嬉しいですね。ちなみにSSモデルにはカーフストラップが付属します。
PAGE 2

● ベルト交換がイージー その2 「ルイ・ヴィトン」 

メゾンの精神を体現するコネクトウォッチ

「タンブール ホライゾン マットブラック」 コネクテッド、マットブラックPVD加工のSSケース(42mm)、モノグラム・キャンバス ストラップ。36万6000円/ともにルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
近年注目の高まっているコネクテッドウォッチからも、ベルトを自由に交換できるモデルが登場しています。それが「ルイ・ヴィトン」。“旅の真髄”の精神を、デザインや機能に忠実に落とし込んだ「タンブール ホライゾン」。

「モノグラム」や「ダミエ」、「Vシグネチャー」といったメゾンを象徴するモチーフが文字盤を彩るデジタルモード、旅のすべての情報を1箇所にまとめられる「マイ・トラベル」機能など、ファッションと実用両方の観点でうれしい機能が搭載されています。
ストラップのバリエーションが豊富なのもこちらの魅力。ワンタッチで自分で取り替えることができる。同ブランドのアイコンであるモノグラムが描かれたキャンバスや、スポーティな装いやシーンには欠かせないラバー、ラグジュアリーなアリゲーター、メゾンの伝統を感じさせるエピ、そしてベーシックなカーフの中からお選び頂けます。
PAGE 3

● ベルト交換がイージー その3 「トムフォード タイムピース」 

ストラップをラグに通すだけでOKなラウンドタイプ

「トム フォード N.002」自動巻き、18KYGケース(40mm)130万円、アリゲーターストラップ7万5000円/ともにトム フォード タイムピース
センセーショナルな話題をさらったファーストコレクションのレクタンギュラーケースモデルの発表から約1年の年月を経て発売されたのが、こちらの「ラウンドモデル」。

アイコニックなデザインのブルー時計針が、オーソドックスな文字盤のデザインに無二の存在感を添えています。ゴールドケースにホワイトダイヤルという爽やかな組み合わせも洒脱。
ひとつながりのストラップをラグに通すだけで交換が可能という、今回紹介した3モデルの中でももっともお手軽な交換方式を採用。

ストラップもベーシックなレザー、手作業による編み込みのレザー、ラグジュアリーなアリゲーター、そしてポニーヘアカーフやグログランなどなど、50種類を超えるバリエーションを誇ります。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

カルティエ カスタマー サービスセンター 0120-301-757
トム フォード タイムピース 03-5466-1123
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL