• TOP
  • LIFESTYLE
  • 【注目】都会派バックパックの傑作6選。ビジネスも余裕なのはコレ!

2019.02.20

【注目】都会派バックパックの傑作6選。ビジネスも余裕なのはコレ!

アクティブに動けるデイパック&バックパック。普段使いをするならシンプルでモダンなデザインがオススメ。クリエイターやIT系ビジネスマン必見な、街持ちバッグを厳選しました。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/小野塚雅之 文/池田保行(Zeroyon)

街持ちデイパックは大人のこなしに相性のいいシンプルデザインを

デイパック&バックパックは、両手が空いてアクティブに動けるだけにいまどきの大人にも大人気。カジュアルなビズスタイルがOKならオフィスでも使えますし、休日のスポーツミックススタイルにも最適なので、ますますユーザーが増殖中です。

そんな大人の街用バックパックとしては、アウトドア系のタフなデザインより、シンプルでモダンなタイプが使いやすいとの声が多い様子。クリエイターやIT系の方には特にその傾向が強いのでは? そこでシティ派ビジネスマンにもぴったりなバックパックを厳選しました。スーツにだって、合わせられるスタイリッシュなモデルが目白押しです。

厳選01◆ トゥミ 

過酷な環境に耐えるビズバッグ

5万円/トゥミ(トゥミ・カスタマーセンター)
「トゥミ」の数あるコレクションの中でも、アクティブなスタイリングとミニマルなデザインが特徴のタホコレクションの「レイクヴュー」バックパック。止水ジップが使われていたり、底面にはリフレクター付のレインカバーが内蔵されていたりと、急な天候変化、特にゲリラ豪雨や雪の季節には安心です。さらにこのレインカバーは縫い付けられているので、なくす心配がないのも嬉しい仕様。トロリーのハンドルに固定できるスリーブ付きなので、旅行や出張の現地用バッグとしても便利でしょう。
メインコンパートメントは上部のダブルジップを開くスタイルですが、フロントに斜め付けされた左側のジップからもアクセスできるようになっています。ちなみに右ジップはポケットです。
PAGE 2

厳選02◆  ザ・ブラウン・バッファロー

機能とデザインを両立させた新ブランドの力作

1万4800円/ザ・ブラウン・バッファロー(キャンバス)
「ザ・ノースフェイス」をはじめ「ナイキ」や「アディダス」、「イーストパック」など、そうそうたるブランドでバッグデザイナーとして活躍したダグラス・デヴィッドソン。彼のプライベートブランド「ザ・ブラウン・バッファロー」は、これまで彼自身のオフィスとECのみの展開というレアな存在でしたが、今季日本での本格上陸を果たしました。こちらの「コンシールパック」の魅力は使いやすい機能性と、なによりそのシンプル&モダンなフォルム。西海岸風なスポーティな着こなしにハマること請け合いです。
ポケットやポーチが整然と配置されたコンパートメートは、縦に大きく開いて使いやすい設計。上部にベルクロで固定されているポーチは、取り外してサコッシュ風に使うこともできます。

厳選03◆ ディスパッチ 

ミルスペックベースの高耐久性デイパック

2万9000円/ディスパッチ(林五プレスルーム)
軍用基準のバックパックをタウンユースデザインに落とし込む「ディスパッチ」。カメラストラップから始まったブランドですが、バックパックはパーツの選定からしてこだわりまくりで、ボディには耐久性の高い1680デニールのバリスティックナイロンを使い、各所のプラスチック製バックルは名門デュラフレックス社製、ポケット内のハンギングテープにもミルスペック製品を採用しています。ガシ使いにも耐えるタフさが頼もしい!
背面のラップトップスペースには、取り外し可能な高密度ポリエチレンパネルを搭載。ポケットをフラットに保ってくれるので、デジタルガジェットもハードケース感覚で安全に持ち運べます。
PAGE 3

厳選04◆ F/CE.®︎ 

オリジナルバリスティックで軽量化を実現!

2万4000円/F/CE.®︎(ルート)
1260デニールの糸を使ったバリスティックナイロンは、インビスタ社と共同開発したオリジナル素材。耐摩耗・耐熱性などは最高強度のまま、軽量化を実現しました。

フロントと両サイドに計4つのポケットがあり、使いやすさも抜群。各部のストラップは余った部分をロール処理でき、移動中に邪魔にならない工夫がされています。背面のクッションパッドは背当たりがよく、ムレ防止にも効果を発揮します。
2室構造のコンパートメントは、背面にラップトップやタブレット、前面には小物類を整理収納できる仕組み。サイドテープを絞ればバッグの厚みを押さえることができるのもポイントです。

厳選05◆ ブリーフィング 

十分なキャパシティを誇りながら小振りなパック

4万6000円/ブリーフィング(ブリーフィング 銀座 シックス店)
こちらの「アタックパック L」は「ブリーフィング」の高性能をタウンユースに再設計したモデルを一回りサイズ感をアップさせたもの。街中での使用を考慮して、アウトドアのデザインを程よく削ぎ落としています。ショルダーハーネスの間に通すチェストベルトを排したのもその一例。

とはいえ、同ブランドの高機能性はもちろん健在。フロントの上下ポケットだけでも容量十分なうえ、下部ポケット内には整理収納用のポケットや、キーホルダーも付属しています。
基本的になんでも投げ込めるメインコンパートメントは、デイパックのヘビーユーザーからも高評価。見た目は小ぶりですが、A4ノートが収納できる背面ポケットを確保しています。
PAGE 4

厳選06◆ インケース 

アップル社公認、最軽量ナイロンデイパック!

1万6000円/インケース(ビーズインターナショナル)
「オールルート デイパック」は超軽量のリップストップナイロン素材を採用したシリーズ最軽量モデルで、その重量はなんと驚異の550g! 背面のウレタンパッドに軽量性に富むものを採用し、サイドの外ポケットにもメッシュを使うなど、軽さへの工夫は数知れず。アップル社公認のバッグメーカーだけあって、MacBookの持ち歩きに適した設計には他の追随を許さないものがあります。
前面コンパートメントにはiPhone、背面にはMac Book Pro 15インチがジャストサイズで収納できるのは、さすがアップル社公認。電源やケーブル類はもちろん、ノートやペンなどアナログデバイスの収納面もしっかり考慮しているのは、クリエーターの創造力を自由に発揮するためです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

トゥミ・カスタマーセンター 0120-006-267
キャンバス 03-5639-9669
林五プレスルーム 03-6452-2177
ルート 03-6453-5867
ビーズインターナショナル 0570-666-494
ブリーフィング ギンザ シックス店 03-6263-9888

この記事が気になった方は、こちらもどうぞ

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL