• TOP
  • LIFESTYLE
  • 男女の恋愛と月には、深〜い関係があった?

2018.09.10

男女の恋愛と月には、深〜い関係があった?

遥か昔から日本人は月を愛で恋心を語ってきました。月には男女の恋愛にまつわるエピソードが数多く残されています。ここでは、そんなロマンティックなお話をご紹介します。

CATEGORIES :
CREDIT :

文/渦巻 恵(大学講師)

夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したという逸話は、真偽のほどはさておき、とっても有名ですよね。そこには、月をともに眺め、その美しさを共有する男女の関係性が透けて見えます。

そんな、大切な人と月を眺めたいという気持ちは、いつの時代も変わらないようで、昔から和歌や物語にも月をめぐる男女のエピソードが数多く残されています。さらに、月の見方も現代とはちょっと違ったようで……。今回はそんな、ロマンティックで奥が深い、月にまつわるお話をいくつかご紹介しましょう。

● その昔、月は男性だった……?

まずは、こんな歌をどうぞ……
「天(あめ)の海に 雲の波立ち 月の舟 星の林に 漕ぎ隠る見ゆ」
(広大な天の海に雲の白波が立ち、その中を三日月の船が進み、星の林のなかに隠れてゆくのが見えるよ。)
(『万葉集』柿本人麻呂)
この歌は『万葉集』に柿本人麻呂が詠んだとして収められたものです。夜空を海に、雲を波に、三日月を舟に、星を林に例えるなんて、なんてステキな感性。この歌から分かるように、万葉の昔から秋に月を眺める習慣はあったのですね。

さて、遥か昔から愛でられ続けた美しい月ですが、一方で月を見ることを不吉とする考えもあったようです。その様が描かれているのが、皆さんご存知の『竹取物語』。写本で受け継がれてきた本文にはこのような描写があります。

五人の貴公子の求婚を難題によって退けたかぐや姫は、月を見ては物思いに沈むようになります。周りの者は「(月の)顔見るは忌むこと」と月を直接見るのは不吉だといさめますが、姫は月を眺めては、涙をおさえられません。

そうして、とうとう十五夜に月の都から迎えが来て、かぐや姫は地上の人々に別れを告げることとなったのですね。実は、日本神話の世界では、月の神は、男神。女性のアマテラスが太陽神で、月の神はアマテラスの弟のツクヨミ。平塚らいてうの「元始、女性は太陽であった」という言葉は有名ですが、「元始、男性は月であった」ということでしょうか。当時の人々は、女性が月を見ると、月の男神に魂を吸い寄せられてしまうと考えていたのかもしれませんね。

NEXT PAGE2/ 4

当時は結婚制度も儚いものでした 

● 月を眺めては、恋しい人を思う

さらに、秋の月を詠んだ有名な和歌といえば、『百人一首』にはこんな歌が。
素性法師(全日本かるた協会選定『小倉百人一首 舞扇』任天堂株式会社)
「今来(こ)むと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな」
(あなたが今来ようと言ったばかりに、私はこんなに長く長月の、朝まで残る有明の月を待っていることになってしまいました。)
(『百人一首』素性法師)
「有明の月」は、十五日以降、月の出が遅くなり、明け方まで残る月のこと。男が「またすぐに来るよ」と約束してくれたのを、女は信じて寝ないでひたすらじっと待つのでした。旧暦の7月、8月と秋は深まり、もう秋の終りの長月(9月)。それも十五夜を過ぎ、それでも女は月を見ながら、来ない男を待つのです。

平安時代は一夫多妻制だった、というのは有名な話。男性は、同時に複数の女性と付き合うことができたので、夜になると女性の家に通っていきました。"通い婚"という婚姻のかたちですね。離婚も驚くほど簡単で、男性の都合が悪くなったり、妻を嫌いになったら、通わなくなればいいのです。ことさら連絡せずとも、それでおしまい。しかし女性は、期待をもたせたままはっきりしない男を、ひたすら待つしかありません。そして、その溜息がこんな歌になったのでした。

この歌には、来ない男を一晩中月を見て待ち明かしたと解する説もあります。さらに、作者は女性ではなく、お坊さん(!)。男を待つ女心を想像して詠まれた歌なのです。でも、どれくらい長く待ったか、誰が詠んだかに関わらず、待つ女の悲しみが切々と歌い上げられているので、名歌として『百人一首』に選ばれたのでしょう。

NEXT PAGE3/ 4

なかには自分から誘ってくる積極的な女性も 

● 月見を誘い文句に。
  イイ女はどの時代にもいるようです

続いてご紹介するのも、待つ女性の歌。でも、先ほどのものとはまったく違う印象を受けるはずです。

「月夜よし 夜よしと人に 告げやらば こてふに似たり 待たずしもあらず」
(「月が美しい、すばらしい夜だ」と言って遣ったら、「来てほしい」というのと同じですね。といって待っていないわけでもないのですが。)
(『古今和歌集』よみ人しらず)
口に出して読んでみると、なんだか呪文のようなこの一首。「待っていないわけでもない」なんて、ちょっとひねくれた感じの女性がイメージされませんか? 素直に「来てください」と言えばいいのに。

でも、よくよく考えると駆け引き上手な女性にも思えます。「来て!」とストレートに言われれば、男は「行く」か「行かない」かの選択を迫られます。でもこんな歌なら、男性は気楽。「来てって言わないんだから、行かないよ」なり「しょうがないなあ、行くよ」なり、どちらにしても深刻な事態にはなりませんから。男性を手のひらで転がすイイ女の秘訣は、こんなところにあるのかもしれないと思ったり、男性にとって都合がいい女って昔からいるんだと思ったり……。

NEXT PAGE4/ 4

最後は男性の浮気心のおハナシ 

● 浮気心を思い止まらせるのも、月の光?

恋の駆け引き上手な女性もいれば、ひとつの恋に頑なな女性も。一夫多妻制の世の中では、一途な女性はさぞ苦しい思いをしたことでしょう。最後にそんなエピソードを。
左●『宮内庁書陵部蔵 堤中納言物語』(笠間書院、池田利夫解説)右●『影印校注古典叢書7 堤中納言物語 上』(新典社、塚原鉄雄・神尾暢子校注)
妻がありながら、他の女性のもとに通うようになった男性がおりました。その女性の親としては、娘が2番目では気に入らないものですから、「本気なら妻を追い出して、娘をあなたの家に迎えてほしい」と要求してきます。新しい恋に夢中の男性は、気がとがめつつも、妻に話してみることに。「事情があって女を家に連れて来るけど、君は隅っこにでもいたらいいよ」と言うと、妻は「それでは私が家を出ていくので、どうぞ家にお迎えください」と、自分の身の回りのものを整理してしまいます。ただし、妻に行くあてはありません。昔使っていた女中を頼りにするしかないのでした。

引っ越し当日、男性が貸したのは車ではなく、馬。それでは荷物は積めないし、当時、女性が馬に乗るなんて恥ずかしいことでした。妻はそれでも恨み言も言いません。馬上の妻の凛とした姿。そこに射す白い月の光。つややかな黒髪。急に男に後悔が芽生え、昔の恋心が戻ってきます。見送った後、男はぼんやりと月を眺めながら、歌を詠んで妻を偲びます。
「住みなれし 宿を見捨てて 行く月の かげにおほせて 恋ふるわざかな」
(住みなれた家を出て行ったあの人が、沈んでいく月の光のせいで、いっそう恋しいことです。)

そのうちに、妻を送り届けた馬が帰ってきます。男は大急ぎで馬にまたがり、山道を走ります。さっき出て行ったばかりの妻を迎えに行くために。
(『堤中納言物語』「はいずみ」 より)
読者の皆さんは、夫のなんと情けないこと、とお思いでしょうが、日本の物語にこの手の内容は多く、「二人妻説話」と呼ばれます。そして新しい愛人が捨てられ、元の妻に戻るというのがお決まりで、この話もそのパターン。月の光は女性を美しく見せます。そして、白い月光の下で妻への気持ちを取り戻す夫……。この物語は、当時のまじめな妻たちの願望だったのかもしれませんね。

男女の恋愛模様は、遥かな昔も一筋縄ではいかなかったようです。とくに男性の二心にはギクリとされた方もいるのではないでしょうか? もしかしたら女性も同様で、現在でも男性の知らないところで月を眺めては恋心に身を焦がしているのかも。ともあれ、長く時代を隔てた今も、私たち日本人が月に託す思いは変わらないのかもしれません。

■ 渦巻 恵(うずまき・めぐみ)

大学講師。埼玉短期大学助教授を務めたのち、現在は大妻女子大学・國學院大學・大東文化大学・平成国際大学非常勤講師として平安時代の和歌を中心に教鞭をとる。著書に、単著『賀茂保憲女集新注』(青簡舎 2015)、共著『重之女集重之子僧集新注』(青簡舎 2015)などがある。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事