• TOP
  • LIFESTYLE
  • ザ・ノース・フェイスの真っ黒バックパックならどんなシーンでも使える!

2019.09.07

ザ・ノース・フェイスの真っ黒バックパックならどんなシーンでも使える!

「ザ・ノース・フェイス」の人気を牽引するアイテムのひとつであるバックパック。さまざまなモデルがリリースされていますが、「ストラトライナー シリーズ」さえあればどんなシーンでも今後困ることはありませんよ。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/髙塩崇宏 文/石井 良

トラベルユースの機能性は、街でも重宝するんです

「ザ・ノース・フェイス」と聞いてどんなアイテムを思い浮かべますか? 質実剛健な登山ウエアから街向けのショーツまで、有名どころは沢山ありますが、旅好きな人なら、きっとこの「ストラトライナー」シリーズが頭をよぎるはず。
 
話は逸れますが、ストラトライナーといえば世界で初めて雲の上を飛んだボーイング社の旅客機につけられた愛称でもありますね。そう、察しのいい方ならもうお分かりかと思いますが「ストラトライナー シリーズ」は旅をターゲットにしたバックのシリーズです。
PAGE 2
旅に特化しているだけあって、汎用性と使い勝手の良さはタウンユースにおいても群を抜いています。必要なものをすぐに取り出せるアプローチのよさ、急な雨などにも対応できる防水性の高いマテリアル。そして場所を選ばないオールブラックであることも特筆するべき点。ここには書き切れないほどの機能が満載されているんです。

特に街での普段使いも視野に入れると、オススメなのがこれからご紹介する2モデル。スーツにも合わせられるデザインなので出張にももってこいですし、普段のジム通いやゴルフにも最適。これがあれば、今後しばらく機能派バッグで悩むことはなくなりますよ。

◆ストラトライナーパック

PCも靴も全部持ち歩けます

2万2000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
36Lの容量を持つデイパックは、荷物が多い日に丁度いいサイズ感。17インチまで対応するPCスリーブに、シューズ専用のコンパートメントまで備えている収納力の高さが魅力的。その上、小さな小物類までしっかり整理整頓できるつくりになっているのが支持されている理由です。
PAGE 3
メインコンパートメントはU字型に開きます。フルオープンになるのでキャリーケースのようにパッキングできちゃいます。
ある程度容量がありますから、もちろん背負い心地にも配慮。快適なクッションと可動式のチェストストラップも採用します。
PAGE 4
使い勝手の良さを劇的に高めているのがトップポケット。貴重品や小さなものを入れておくのに丁度良いサイズです。
底部にはシューズ専用のコンパートメントを備えます。ジムに通う際にトレーニングシューズを入れたりと、普段使いでも重宝します。
PAGE 5

◆ストラトライナーダッフルL

遊びにも使える大容量のダッフルバッグ

 1万8000円/ザ・ノース・フェイス(ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)
何かと荷物が増える旅には安心な70Lという大容量を誇るダッフルバッグです。これだけの容量があるため、持ち運びやすさが考えられていて、4箇所に持ち手があるほか、リュックとしても背負うことが可能。遊び道具を入れてクルマに積んでおくなど、活躍の幅も広がります。
こちらのバッグもU字型に大きく開き、大きな荷物の出し入れも簡単です。ボトム部分は1680デニールナイロンで、重い荷物もタフに受け止めてくれます。
PAGE 6
小物の収納は外側からアクセスできるこちらのポケットへ。長財布やデジカメなどもすっぽり入るサイズです。
収納式のショルダーストラップは太めで安心感あり。大きなバッグではありますが、安定して背負うことが可能です。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL