2019.07.08

定番が鉄板! 大人のナイキ新作スニーカー4選

目下、スニーカーをキーアイテムにした着こなしが注目を集めていますが、間違いないブランドを挙げるなら、やはり「ナイキ」。とりわけ名作と呼ばれる定番モデルなら、装いの格上げを約束してくれます。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/押条良太(押条事務所)

選択肢が無数にある今だからこそ、あえての定番が正解です

空前のスニーカーブームを受けて、スタイリングにスニーカーを取り入れる大人が急増中。スポーティなカジュアルスタイルはもとより、ドレスなセットアップにもハズシ感覚で取り入れるのが今の気分です。

では、そんな旬のスニーカーコーデに打ってつけのブランドは?

── ずばり「ナイキ」です。スニーカー界の先駆者であり、膨大な数のデザインバリエーションを有する「ナイキ」には、幅広いスタイリングにマッチするモデルがわんさか。

なかでも狙い目は「エア フォース 1」や「エア マックス 95」といったいわゆる名作と呼ばれるモデル。定番ゆえに幅広い着こなしに取り入れることができ、何より安心感も格別。今回は、カラーリングや素材使いでアップデートされた4足をピックアップしました。

◆ ナイキ エア マックス 95 エッセンシャル

鮮やかなサックスブルーがコーデのスパイスに

エア マックス 95 エッセンシャル1万6000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサー
ビス)
ハイテクスニーカーブームの立役者であり、スニーカーデザインの金字塔といえば、なんといってもこのモデル。こちらの「ナイキ エア マックス 95 エッセンシャル」は、1995年に誕生した名作、「ナイキ エア マックス 95」のデザインを継承したものです。

サイドのラインがキャッチーな定番デザインですが、今季リリースされたモデルは鮮やかなサックスブルーと軽やかなメッシュパーツが実に新鮮。セットアップの足元にさらりとコーデするのがオススメです。
PAGE 2

◆ ナイキ ハラチ EDGE TXT

大人のこなしに合うレトロスポーティなルックス

ハラチ E.D.G.E. TXT 1万円//ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
「ナイキ」のアーカイブのなかでも根強い人気を誇るモデル「ハラチ」は、ソックスのように足を包み込むハラチシステムが特徴です。で、今回紹介する「ナイキ ハラチ EDGE TXT」は、この名作の最新バージョン。

アッパーに伸縮性と通気性に優れたメッシュ素材を採用したことで、いっそうコンフォート性がブラッシュアップされています。デザインも秀逸で、メッシュアッパーが軽快感を演出しつつ、キーカラーのワインレッドが着こなしに大人っぽいエッセンスを注入します。

◆ ナイキ エア フォース 1

合わせるこなしを選ばない不朽の名作バッシュ

エア フォース ワン1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
1982年にデビューした「ナイキ エア フォース 1」は、今なお不変の人気を誇るストリートのファッションアイコンです。無数のカラバリが存在しますが、今シーズンの注目株はこの一足。

伝統のエアユニットが搭載されたボリューム感あふれるアッパーに、ホワイトの型押しレザーの風合いが大人っぽい雰囲気をプラス。

さらにビビッドなオレンジに彩られたアウトソール&タンのタグが着こなしに差し色効果を生み出します。ソールの分厚さゆえ、脚が長く見える視覚効果もこのモデルの魅力です。
PAGE 3

◆ ナイキ クラシック コルテッツ レザー

名作ランシューはモードテイスト薫る真っ白レザーが◎

クラシック コルテッツ レザー1万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
「ナイキ クラシック コルテッツ」は、1972年に「ナイキ」の生みの親であるビル・バウワーマンによってデザインされたランニングシューズです。今シーズンリリースされた新作は、全体がホワイトで統一されたクリーンな面構え。

ランニングシューズの起源を思わせるシンプル&ベーシックなデザインと相まって、モードな薫りさえ漂わせます。カジュアルもいいですが、あえてドレスなセットアップに合わせるのも粋ですな。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL