• TOP
  • ITEMS
  • 【注目】この冬、大人の本命アウターといえばコレ!

2019.12.12

【注目】この冬、大人の本命アウターといえばコレ!

ムートンと聞くとフライトジャケットの重厚なギアや、「あの切りっぱなしの山男風の毛皮?」を思い浮かべる方もいらしゃることでしょう。でも、いまどきムートンはステイタスある大人のあったかアウターとして、さまざまなデザインが登場しているんです。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(04)

いまどきムートンはステイタスある大人の冬着です

見た目・着心地ともにあたっかいムートンは季節感もたっぷりで、いま着たいアウターの筆頭株。とはいえ、大人としてはフライトジャケットではギア過ぎるし、エッジ切りっ放しのラギッドなコートはワイルドなイメージで選び方も難しそう……。

でもご安心ください、最近のムートンはデザインも豊富なので、選べる幅も広いんです。カジュアルからドレスまで、スタイルに合わせて選べますよ。

ショート丈のムートンなら、フライトジャケットベースでモダナイズされたものが着やすそう。ロング丈ムートンもモードっぽいものではなく、スタンダードでスポーティなモデルが豊富です。

大人っぽく着るなら、インナーはシンプルなカットソーやニットを選んで、ボトムスはスラックスなど品よく合わせるのがポイントです。デニムパンツは、男クサすぎるのでご用心を。

ムートンもキレイめスタイルで着こなせば、ほどよくタフな男のイメージを残しつつ、かつリッチに仕上がります。スタイテスある大人の特権スタイルとして、上手に着こなしていただきたいものです。
PAGE 2

● Coordinate 

ムートンにはスラックス&ブーツがバランス◎

ブルゾン47万円/アイモネ(ブルズアイ PR)、ニット5万5000円/ヘリル(アンシングス)、カットソー1万2000円/エース(にしのや)、パンツ3万9000円/PT01 FORWARD(PT JAPAN)、ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド ピーアール)、靴8万円/トリッカーズ(トレーディングポスト青山本店)
ずっしりと量感のあるムートンのスタイリングには、ついついデニムやワークパンツなどハード系のパンツを合わせがちです。が、しかし、そうなるとどうしても男クサさが出すぎてまるで山男のよう?

そこで、ここはあえてキレイめニットにクリース入りのスラックスを合わせるのがポイントです。上掲のコーディネートでは、上質なクルーのニットに、プリーツ入り&裾シャーリングのスラックスをセット。これだけではまだまだムートンの重さが勝ってしまうので、足元はブーツでバランスをとりましょう。

これならナイロンシェルのアウトドア系ダウンよりリッチなうえに、ムートンのラグジュアリー感と男っぽさを活かした、冬らしいスポーティカジュアルが仕上がります。スポーツ系ダウンと違って、色数押さえめなところも大人っぽくまとめるポイントです。
PAGE 3

◆ チンクワンタ 

都会が似合う洗練されたデザインのB-3ジャケット

22万円/チンクワンタ
イタリア・フィレンツェ郊外のレザー専門ファクトリーが手掛けるムートンのB-3は、上質なムートンを使いながらラギッドで重厚な名品フライトジャケットに仕上げられています。

しかし、本家とは一線を画すコンパクトでスリムなフォルムは、袖を通せば一目瞭然。バイクで言うなら、本家B-3はアメリカンなクルーザー、こちらは流麗なスーパースポーツといったところ。パンツはデニムよりグレスラ、足元はワーク系よりアウトドア系が似合いそうです。

◆ ルッフォ 

ランチコートも街中で軽〜く羽織れるデザインに

33万6000円/ルッフォ(バインド ピーアール)
こちらも半世紀を超える歴史あるイタリアのレザー専業ファクトリー謹製。レザーを薄く削いで軽量化するのが得意なブランドだけに、ムートンも軽量で肩の凝らないものになっています。

羽織るような着方が似合うように、デザインはシンプルなランチコート風。エッジは切りっぱなしではなくパイピングを施して品よく見せるなど、気負わず街着で着られる仕上がりとなっています。
PAGE 4

◆ ジェームス・グロース 

ムートンコートならダウンコートより確実にラグジュアリー

18万5000円/ジェームス・グロース(グリニッジ ショールーム)
ジェームスグロースの創業は、なんと19世紀。一時ブランドは休止されていたのですが、このほど40年ぶりに復刻された英国の伝説的レザーブランドです。

リアルバイカー御用達のライダースが有名ですが、こちらはフード付きのムートンベンチコート。

ライダースよりハード過ぎず、ジャケットの上からも気軽に羽織れるロング丈コートは、ダウンコートよりラグジュアリーな気分です。スエードフィニッシュのシープシキンはあたたかさと肌触りの良さも絶品!
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アンシングス 03‐6447‐0135
グリニッジ ショールーム 03-5774-1662
チンクワンタ 050‐5218‐3859
トレーディングポスト青山本店 03-5474-8725
にしのや 03‐6452‐6934
バインド ピーアール 03-6416-0441
PT JAPAN 03-5485-0058
ブルズアイ PR 03‐6452‐6277

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL

【注目】この冬、大人の本命アウターといえばコレ! | アイテム | LEON レオン オフィシャルWebサイト