• TOP
  • ITEMS
  • 冬の超勝負服、最新アウター5選。 ルイ・ヴィトン、ディオール、サンローラン、ベルルッティ、フェンディ

2019.12.13

冬の超勝負服、最新アウター5選。 ルイ・ヴィトン、ディオール、サンローラン、ベルルッティ、フェンディ

冬のパーティコーデにおいて、主役はもちろんアウター。クラシック? スポーティ? いえいえ、パーティぐらいもっと攻めた色気&艶アウターで、主役の座に躍り出ませんか?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/安岡将文

姿を見せれば誰もが振り向く、つまり勝負アウターです

冬コーデにおいて、主役は言うまでもなくアウター。面積が大きな分、それだけ印象に残りやすく、着る人のスタイルが如実に伝わります。そんな初見のインパクトは、パーティとなればいつにも増して重要。これからのパーティーシーズンに向けて、第一印象で勝てるアウターを手に入れてみませんか?

今回選んだのはどれもラグジュアリーブランドですが、そのラグジュアリー度をいつもより高めに設定するのがコツ。コートなら迫力あるロングレングス、ジャケットなら色気たっぷりなファー、それからグラデーションレザーやロゴ物などなど、ベーシックやシンプルとは無縁な攻めたアウターばかり。時には、こんな飛ばしたデザインで夜遊び上手な男を気取るのも、悪くないですよ。

◆ ルイ・ヴィトン 

明らかにラグジュアリーなコートは色気も十分

40万3000円/ルイ・ヴィトン(ルイ・ヴィトン クライアントサービス)
ルイ・ヴィトン ステープルズ・エディションにて展開するダブルのコート。素材はウール100%で、繊細な起毛感を表現しています。ダブルに加えて幅広のピークドラペルの採用、そして柔らかなウール生地が描くドレープ感は、クラシカルにして色気あり。

ドレッシーに着るのはもちろん、フーディと合わせてあえてストリートに着こなしてみるのも面白いかと。
PAGE 2

◆ ディオール

クラシックな中にも、ここらしい変化球が

35万円/ディオール(クリスチャン ディオール)
貫禄と威厳を示すには、ピークドラペルを配したダブルのコートは打ってつけ。それも、ブラックでとなればなおさらです。とはいえ、単にクラシックに終始しないのがディオール。

こちらの1着では、カシミア素材によりクラシックに加えてゴージャス感も匂わせながら、深いスリットが原則的なクラシックとは一線を画してくれます。

◆ サンローラン 

男のピーコートを、ロングファーでグラムロックに

40万5000円/サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ(サンローラン クライアントサービス)
ロングファーゆえにベースとなる形がわかりにくいですが、実はこれショートレングスのピーコートです。本来なら男らしい雰囲気であるはずのピーコートですが、混色のファーにするだけでロックで色気のある1着へと生まれ変わります。

とはいえ、ファーには化学繊維によるフェイクファーを採用するなど、エコ意識もちゃんと備えています。
PAGE 3

◆ ベルルッティ 

レザーで艶っぽさを狙うなら、やっぱりこれです

80万5000円/ベルルッティ(ベルルッティ・インフォメーション・デスク)
フライトジャケットのA-2を想起させるこちら。大型のジップポケット&ハンドウォーマーや、チンストラップ、袖先のジップなどにも、武骨な雰囲気を宿します。その印象を一変させるのが、ここの十八番であるパティーヌ加工。

グラデーションを描くレザーは、襟のハンドステッチと共に上質な1着であることと、艶っぽさを共に楽しませてくれます。

◆ フェンディ 

浮き出るような柄は、まるできらめくネオンのよう!?

34万8000円/フェンディ(フェンディ ジャパン)
ベースは、クラシカルなチェスターコート。しかし、フロントやバック、そしてアームには、まるで表生地から透けているかのように演出された、グレンチェックとFFロゴのレイヤード柄がデザインされています。

生地はコットン×ウールのダブルフェイス。裏面にはチェック柄が配されています。クラシックなだけじゃ退屈。そんなパーティーに適任なコートです。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

サンローラン クライアントサービス 0120-95-2746
パルファン・クリスチャン・ディオールクリスチャン ディオール 0120-02-1947
フェンディ ジャパン 03-3514-6187
ベルルッティ・インフォメーション・デスク 0120-203-718
ルイ・ヴィトン クライアントサービス 0120-00-1854

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL