• TOP
  • ITEMS
  • 【まとめ】ザ・ノース・フェイスとスノーピークのおすすめ冬アウター厳選4点!

2019.11.12

【まとめ】ザ・ノース・フェイスとスノーピークのおすすめ冬アウター厳選4点!

冬のアウター選びに迷っている方、まずは人気ブランド「ザ・ノース・フェイス」と「スノーピーク」の新作アウターをチェックしてみてはいかがでしょうか。両ブランドには、買って間違えのないアウターが揃っていますよ!

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL)、栗原大輔(Roaster) スタイリング/髙塩崇宏 文/石井 良、西原智美

「モテる大人の冬アウター」特集の中から、特に人気の高かったアイテムをダイジェストにした本企画。今回はザ・ノース・フェイスとスノーピークの人気アウターを厳選して4点お届けします。

アウトドアブランドならではのハイスペックはもちろん、昨今のトレンドでもあるストリートファッションにマッチしたデザイン、大人も着られるベーシックなカラーリング、やはりザ・ノース・フェイスとスノーピークのアウターは鉄板です!
PAGE 2

◆ザ・ノース・フェイス 

南極でも街でも使えるハイスペックダウン

7万7000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス オルター)
表地は140Dのナイロンにゴアテックス、中綿には高い保温性をもつ光電子®ダウンを採用した、ハイレベルな強度と保温性を備えたダウンジャケット。極寒でも耐えうるハイスペックながらも、すっきりとしたシルエットは街着としても活躍します。おまけにフロントには5つのジップポケットを装備しているので、手ぶら派にもうってつけです。

◆ザ・ノース・フェイス 

旅行にも便利なパッカブルダウン

5万5000円/ザ・ノース・フェイス(ザ・ノース・フェイス マウンテン)
ダウンパックの形状をアーチ状にしたシェイプドバッフル構造によって中綿の偏りを防止し、コールドスポットを減少させることで全体の保温性を向上させたダウンジャケット。表地は防風性、撥水性の高いゴアテックスインフィニアムを使用。内側にも撥水性のある生地を使っているので、濡れたシェルなどの上に羽織ることも。さらに、中綿の光電子®プロダウンも撥水加工が施された、水濡れに強いダウンです。
PAGE 3

◆スノーピーク 

モッズコート風だから旬のミリタリーとも好相性

5万8000円/スノーピーク(スノーピーク)
秋冬のキャンプで重宝するアラノックパーカは、ご覧の通りお腹まわりのポケットが特徴。文庫本も入る大きなサイズだから、キャンプの時は道具を入れて、街では携帯や財布を入れて、手ぶらで街へ飛び出せます。インディゴ染めなので、エイジングも楽しみです。

◆スノーピーク 

野遊びから生まれた万能ジャケット

3万8000円/スノーピーク(スノーピーク)
「TAKIBI JACKET」という名の通り、焚き火の前で着るのに相応しい、難燃性に優れた生地で出来ているのが特徴。さらにフラップがついた大容量のポケットはキャンプサイトの設営中にも使いやすいように工夫されたもの。フラップを開けずにポケット内部にアクセス出来る仕組みは、野遊びから生まれたディテールです。
※掲載商品は原則税抜です

■ お問い合わせ

ザ・ノース・フェイス オルター 03-6427-1180
ザ・ノース・フェイス マウンテン 03-5466-9278
スノーピーク 0120-010-660

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL