• TOP
  • ITEMS
  • 【検証】大人の春スタイル3選。去年と今年の違いはどこでしょう?

2019.03.31

【検証】大人の春スタイル3選。去年と今年の違いはどこでしょう?

昨秋冬から街着にアウトドアアイテムをプラスするコーデが人気ですが、そろそろ春のコーデもチェックしておきたいところ。そこで春の3大アウトドアアウターを、大人っぽくこなすコーディネート術をご紹介します。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/稲田一生 文/池田保行(Zeroyon)

今年の春スタイルを象徴するのは、こんなコーディネイトです

多くのラグジュアリーメゾンがスポーティなアイテムをリリースしていることからもお判りのように、街着にスポーティなアウトドアアイテムをミックスする着こなしが、昨シーズン頃からメインストリームとなっています。

アウターやインナーに1点プラスするだけで、簡単に軽快かつ若々しく、しかも新鮮な大人カジュアルが完成するうえに、どんな人にも似合う。そして導入も難しくないので、LEON.JPでもたびたび取り上げさせていただいております。

そしてそろそろ、軽めのアウトドアアウターも出揃ってきました。というわけで、今春注目のアノラックパーカ、マウンテンパーカ、フリースという3つの人気モデルの大人な着こなしをご紹介しましょう。着こなしのコツを再確認するとともに、アイテム選びの参考にしていただければ幸いです。

● アノラックパーカの場合 

今どきなユーティリティコートのインに差し色使い

ブルゾン10万9000円/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン)、コート14万7500円/オーバーコート(大丸製作所2)、パンツ3万1000円/ジャブス アルキヴィオ(エフイーエヌ)、サングラス4万3000円/ホワイトスクリーン(ポーカーフェイス ヌーヴ・エイ アイウエア事業部)、靴2万9000円/デイト(ティースクエア プレスルーム)
こちらのアノラックはクラシコ・イタリア協会にも所属する「ヘルノ」のアイテム。ゆえに機能性はもちろん、スタイリッシュなルックスはリアルアウトドアのソレとは別格のリッチな風情が漂います。

プルオーバータイプのアノラックパーカはアウターと思われているかもしれませんが、スウェットパーカをジャケットやコートのインに着るように、インナーとして着ることができるのがポイントです。

とくに、いまどきな機能性素材のコートとの相性がいいので、レイヤードすればコーデは簡単。それにナイロンアノラックは鮮やかなカラーのものが多いので、差し色としてもかなり有効なんです。黒系でまとめるユーティリティなスタイルも、新鮮にこなせますよ。

アノラックパーカをもっと見たい方はこちら
PAGE 2

● マウンテンパーカの場合 

テーラードJK感覚でドレスパンツと合わせて

マウンテンパーカ4万円/シエラデザインズ(アリガインターナショナル)、ニット3万7000円/ドルモア、パンツ2万5000円/ジェルマーノ(ともにバインド ピーアール)、サングラス2万3000円/アイヴォル×ブリーフィング(アイヴァン PR)、ベルト2万6000円/サイ(マスターピースショールーム)、靴3万5000円/ナショナルスタンダード(ティースクエア プレスルーム)
マウンパを街着として大人っぽく着るなら、テーラードジャケット感覚で羽織るのが基本。というわけで、ボトムにクリース入りのパンツは外せませんよね。

インは春らしく色のある、きれいめニットを合わせて、足元は白スニでハズしを狙って。マウンパのセレクトもアウトドアっぽいカラフルな色ではなく、あえてシックな黒を選ぶのも街着として着るための賢い選択です。

マウンテンパーカの代名詞ともいわれる「シエラデザインズ」の”ロクヨン”パーカは、グリーンやオレンジ、ベージュなんかが定番色ですが、こんな黒もあるんです。これ、街着に使いやすそうじゃないですか?

マウンテンパーカをもっと見たい方はこちら
PAGE 3

● フリースの場合 

リッチに見える白いフリースでラグスポを目指す

ブルゾン2万円/ヘリーハンセン(ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ)、ニット2万5000円/スローン、パンツ2万9000円/ベルウィッチ(アマン)、ネッカチーフ9000円/パオロ アルビザッティ、靴10万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店)
フリースのモコモコとした素材感はどうしてもスポーティになりがちですので、ここはいっそのことラグスポ(ラグジュアリーなスポーツスタイル)を目指して着ることをおすすめします。

となればフリースは白がベストチョイス。インも上質なニットを合わせて、パンツは定番のグレスラを。足元はローファーを素足履きでリッチな大人の雰囲気にまとめたいところ。ニットの衿元にネッカチーフを巻いて、品のいいアクセサリー使いもラグジュアリー感を誘います。

「ヘリーハンセン」のフリースは、"ファイバーパイル"と呼ばれるフリースの元祖とも言えるオリジナル素材。表面がきめ細かく、他のフリースより高級感があり、温かさも格別なんです。

フリースブルゾンをもっと見たい方はこちら
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アイヴァン PR 03-6434-5027
アマン 03-6805-0527
アリガインターナショナル 03-6659-4126
エフイーエヌ 03-3498-1642
スローン 03-3448-0207
ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691
大丸製作所2 03-6450-6301
ティースクエア プレスルーム 03-5770-7068
バインド ピーアール 03-6416-0441
パオロ アルビザッティ 050-5218-3859
ヘルノ・ジャパン 03-6427-3424
ポーカーフェイス ヌーヴ・エイ アイウエア事業部 03-5428-2631
マスターピースショールーム 03-5414-3385
ヘリーハンセン ロイヤル マリン クラブ 03-6418-9669

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL