• TOP
  • GOURMET
  • 夜毎密かに行われる“肉オークション”の高級肉はどのくらいお得なのか?

2017.08.19

夜毎密かに行われる“肉オークション”の高級肉はどのくらいお得なのか?

CATEGORIES :
TAGS :
文/井上 真規子
写真/竹崎 恵子
食肉のオークション(競り)と言ったら、専門業者が何やら謎の符丁で声を掛け合って、素人の出る幕ではないというイメージ。ところが一般のお客さんがオークションに参加して、高級肉を安く競り落とせる! ということで人気なのが、最高級黒毛和牛を専門に扱う肉バル「ヒレ肉の宝山」です。

けれどオークションということは買い値が未知数。うまくすれば、安価で落とすことができても、ライバルが多ければ買い値はどんどん釣り上がるわけで。それってちょっと不安じゃないですかって?

いえいえ、ご安心ください。こちらのオークションはそもそもが、ブランド牛や希少部位肉といった高価で美味しい肉を、手頃な価格で楽しんでもらおうと始めたもの。なので定価以上になることはほとんどないんです。それどころか、ライバルが少ない日ならほぼ最初の売値で落札されることも。A5ランクの黒毛和牛を1000円台で食べられるとなれば、これは行かない手はないでしょう。ということで、実際、どんなオークションが行われているのか見てきました。

お祭り的な盛り上がりのなか、希少部位が次々に落札されて!

スマホでオークションの様子を撮影する女性も
肉のオークション=“肉オク”は毎晩20時から。開始前からすでに店内は、会社帰りのサラリーマンや若い世代の男女グループで満席状態。皆さん、ワイワイと楽し気に酒を飲みながら、これから始まるお祭りを待つように期待を膨らませている様子……。

そしていよいよ、スタートです。オークションを取り仕切る店長が、大きく真っ赤な塊肉を持って登場。台の上で黒毛和牛の塊肉を手際よくさばきながら、次々に希少部位を切り分けていきます。まずは希少肉として知られる、かぶり(リブロースの芯)の塊220gが1品目の競りに。

スタートは100円から。客席でぽつりぽつりと手が上がりはじめ、「2000円!」「3500円!」と次第に元気な声が飛び交います。4800円まで上がったところで場が落ち着き、店長が鐘を鳴らして落札。それにしても皆さん、かなり手慣れた感じで盛り上がっていてびっくり。一度来るとその楽しさにハマってリピーターになる方も多いのだとか。
落札のタイミングを見計らって、鐘を鳴らす店長
ちなみに、この“肉オク”で出品される肉は、店の通常メニューにはないA5ランク黒毛和牛の希少部位のみ。珍しいというよりは、“価値のあるお肉”を出品しているそう。ゆえにオークション参加者たちも気合が入ってしまうというわけですね。

そして次のお肉は……またもや、かぶり210gが! 先ほど競り落とせなかったお客さんを中心に掛け声が飛び交いますが、なんと今度は先ほどよりもかなり安い3000円で落札という予想外の結果。こういう予測不能な流れもまた、オークションの醍醐味なのです。

肉を競り落とす達成感を感じてもらいたい!

黒毛和牛の端材や希少部位を安くゲットできる、サービスタイム
その後も“肉オク”はテンポ良く進み、ゲタ170gが2100円、ナカ90gが2100円、エンピツ70gが3000円と、希少部位が次々に落札されていき、いよいよクライマックスへ。

と、その前にサービスタイム! 「余った端材が多く出たので、ガーリックライスにしてお出ししちゃいます!」とライス一皿600円での太っ腹な出品が。少ししか採れない希少部位のエンピツは、なんとタダでゲットできる場合もあるとか。こうしたサービス品も狙い目なのです。

そしていよいよ最後に残された、高級希少部位のマキ260gと、毎晩の目玉商品であるリブシンのど迫力な肉塊370gが競りに! 会場は熱気を増し、次々に声があがってマキは9000円で無事落札。
驚くほど大きな塊で出品された、リブシン(左)とマキ(右)
ラストのリブシンは、370gで1500円からのスタート。「2000円!」「5000円!」「1万円!」と被さるように声があがり、なかには思わず席を立って競りに参加する人も。最終的に1万4100円まで値が上がり、落札となりました。ライバルが多く、最初の売値よりもかなり競り上がったものの、通常100g 5000円はする巨大塊肉なので定価で買ったら1万8500円以上。それを思えばこの価格でも十分にラッキー!
目玉商品のリブシンを競り落とそうと多くのお客さんが手をあげる
「来てくださるお客様に感謝の気持ちをこめて、基本的に利益は度外視しています。なによりエンタテインメントとして、肉を競り落とす達成感を感じてもらったり、高級肉を安く食べる喜びを感じてもらえればうれしいですね」(広報堀内さん)

自ら競り落とした高級肉を贅沢に塊のまま焼いて食べる快感こそ、“肉オク”の醍醐味。肉好きなら、一度は体験してみる価値アリかと。

◆ ヒレ肉の宝山

住所/東京都墨田区江東橋3-11-2 YS錦糸町ビル B1F
営業時間/16:00~24:00(L.O.23:00)、土・日・祝12:00~24:00(L.O.23:00)
定休日/無休
URL/http://houzan.net/
お問い合わせ/☎03-5600-8864

●「ヒレ肉の宝山」銀座数寄屋橋店でも、ランダムで“肉オク”を行っています

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOU おすすめの記事