• TOP
  • FASHION
  • 【解説】大人の着こなしを進化させるのは、こんな柄使いなんです

2019.11.06

【解説】大人の着こなしを進化させるのは、こんな柄使いなんです

ここ数シーズンの英国トレンドによって、今シーズンぐっと注目が高まっているチェック柄。なかでも、よりチェック感のある大柄が主役なのですが、大柄のチェックって結構難しいですよね。そこで、旬なを楽しみつつ、様になる取り入れ方をお伝えいたすます。

CATEGORIES :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/稲田一生 文/安岡将文

脱オジサンの秘訣は、脱トラッドがキーワード

昨今は、母親と娘だけでなく、父親と娘が服をシェアすることが増えているそう。ちょっとオジサンっぽいコーデ=オジコーデなる造語が出てきたぐらいですから。その対象となるアイテムは、主にトラッドだとか。英国トラッドが人気の今シーズンにおいては、チェック柄アイテムがそれに当たります。トラッド=オジサンっぽいとは心外ですが(笑)、確かに英国トラッドなチェック柄、それもトレンドの大柄の場合は、一歩間違えると昔の人=オジサン感がありますからね。そうならないためには、トラッドを意識しないことが重要。英国を意識せず、ともすればスポーティだったりストリートだったり、ラフに着こなすと今っぽく見えますよ。

● Coordinate 01 パンツで取り入れる

英国トラッド筆頭のタータンを、あえてストリートで

パンツ4万6000円/PT01(PT JAPAN)、ブルゾン3万9000円/ツーディライヴ(ビームス 六本木ヒルズ)、パーカ2万7000円/ダイリク、サングラス1万8000円/エーディーエスアール(ともにシック)、ベルト1万3000円/サイ(マスターピースショールーム)、靴2万9000円/ホカ オネオネ(デッカーズジャパン)
プリマロフトを採用した中綿ジャケットに、スウェットパーカというスポーティにしてストリートなトップス。大柄のタータンチェックを、トラッドではなく差し柄として投入することで、オジサンっぽさを回避できます。もちろん、足元も革靴ではなくスニーカーで。大柄の場合は主張が強いので、他のアイテムはシンプルに徹するのがポイントです。
PAGE 2

◆ インコテックス

モノトーンを生かせば、モードにも穿けます

4万3000円/インコテックス(スローウエアジャパン)
比較的小柄な印象が強いシャパードチェックですが、こちらはやや大ぶりサイズ。モノトーンなのでおとなしめに見えますが、面積が大きいパンツとあってコーデの主役になる存在感があります。生地は温かみのあるフランネル。風合いは英国トラッド的ですが、トップスにもモノトーンを合わせればモードな印象を楽しめます。

◆ ベルナール ザンス

トラッド合わせでも、爽やかならOKです

4万1000円/ベルナール・ザンス(ビームス 六本木ヒルズ)
英国トラッドを象徴するブラックウォッチ。80年代のアメトラブームでも流行したチェック柄だけに、トラッド感満載なコーデでまとめるとやはりオジサン顔になってしまいます。が、今シーズン旬なチルデンセーターと合わせて、爽やかに着こなすのはあり。80年代アメトラでも定番の組み合わせですが、爽やかゆえに脱オジサンは可能です。
PAGE 3

● Coordinate02 コートで取り入れる 

ゆったりシルエット+ストリートな小物使いで

コート13万5000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、ニット1万7000円/ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ)、パンツ2万6000円/ジャブスアルキヴィオ(ビームス 六本木ヒルズ)、サングラス4万円/アヤメ、バッグ1万8000円/サイ ベーシックス(マスターピースショールーム)、靴28万4000円/ジョンロブ(ジョンロブジャパン)
オジサン顔にならないためには、まずコート自体に一手を。ポイントは、かっちりとしたものではなく、柔らかなドレープ感のあるコートを選ぶこと。トラッドやクラシックではなく、モダンな印象を与えられます。コーデにおいては、サコッシュなどストリートな抜け感をプラス。ストリートに振りすぎると今度は子どもっぽくなるので、小物で遊びを意識しましょう。
PAGE 4

◆ ラファーボラ

ゆとりのあるドレープ感が、イマドキ顔に

12万円/ラファーボラ
ガンクラブチェックを配したこちら。一見ベーシックなバルマカーンコートに見えますが、そのシルエットはゆとりがあり、またベルテッドによってラップコートのようなドレープ感を披露します。それだけに、脱トラッドなコーデに対応可能。もちろん、アンブレラヨークなど英国的な匂いを十分にさせるデザインは、スーツにも似合います。

◆ イーヴォ

遊びのある風合いで、堅苦しさを回避可能

16万円/イーヴォ(トヨダトレーディング プレスルーム)
本来ならクラシックなベルテッドチェスターコートも、大ぶりなシェパードチェックならどこかモダンな印象に。ウールにナイロンとアルパカ、モヘアをブレンドした生地を起毛させることで柄がぼやけ、モダンな印象を後押し。柔らかな生地感も、トラッド一辺倒を回避してくれます。色落ちデニムとのコーデだって、楽しむことが可能です。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

アヤメ 03-6455-1103
シック 03-5464-9321
ジョンロブジャパン 03-6267-6010
スローウエアジャパン 03-5467-5358
デッカーズジャパン 0120-710-844
トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567
トレメッツォ 03-5464-1158
PT JAPAN 03-5485-0058
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623
マスターピースショールーム 03-5414-3531
ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501
ラファーボラ 050-5218-3859

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL