• TOP
  • FASHION
  • 【人気】大人がゆるっと着られるニットといえば!?

2019.11.09

【人気】大人がゆるっと着られるニットといえば!?

コートやジャケットではちょっと暑苦しい。でもシャツ&カットソーでは肌寒い。そんなどっちつかずの季節こそ、ニットウェアをフル活用したいもの。被りのセーターよりも使いやすく、従来のカーディガンより大人っぽくセクシー。そんな逸品ニットが今季ウワサとなっています。

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/四方章敬 文/長谷川 剛(04)

ボタンレスが醸し出す大人の洒脱なエレガンス

ようやく肌寒い風が吹きだした昨今。とは言えコートじゃ早すぎるというタイミング。そんなときにあると便利なのが、サッと羽織れるニットウェアです。ただし薄手であっても被り型は脱ぎ着が少々メンドウなもの。そこで前開きのカーディガンとなるのですが、ボタンフロントのそれはアウターとして着るにはちょっと堅苦しい印象がなきにしもあらず。

そんな悩ましい状況を一気に解決してくれる一品として、昨今人気を得ているのがボタンレスのちょいゆるのカーディガンです。やや長めの着丈に加えボタンを排しているため、フロントは常時フルオープン。動きによって揺れるヒラヒラ感がなんとも新鮮であり、大人のエレガンスを引き立てる効果があるのです。気になるコーディネイトは従来のボタン式カーデとほぼ同様。これは絶対に便利です!

● コーディネイト実例

ジャケット感覚でも着こなせる

ニット4万6000円/レンコントラント(エストネーション)、中に着たニット2万8000円/ドルモア(グジ 東京店)、パンツ2万7000円/タリアトーレ(トレメッツォ)、時計155万円/ゼニス、ベルト1万4000円/ダミーコ(バインド ピーアール)、靴7万6000円/ボードイン アンド ランジ(オカベ アンド パートナーズ)
前開きデザインの一着はカーディガン風はもちろん、ジャケット風にも着こなせるところがポイントです。例えばインにセーターを着込んだ場合、通常アウターはジャケットを羽織るのがお約束。しかし季節やシーンによっては暑苦しかったり堅苦しくなってしまう場合も。もっと気軽に軽快に装いたいシーンにボタンレス・カーデは本領を発揮するのです。軽妙さが持ち味のボタンレス・カーデゆえに、ヘビーなコーディネイトにならぬよう気をつけて。ホワイトパンツなどでノーブルにフワッとまとめましょう。
PAGE 2

◆ コモリ 

プレミアム素材を駆使したエアリーな温かさ

ニット8万9000円/ノラ(ビームス 六本木ヒルズ)
透けるようなユルフワ織りの一着は、昨今感度の高い人から支持されているコモリの新作。通常のウールではなくヤクの毛を使いソフトに織られており、軽く空気を纏うような仕上がりです。袖口や裾も一般的なリブでなく砕けた雰囲気のフリンジ仕様。かしこまりすぎないフリーな印象が魅力です。

◆ アンドレア フェンツィ 

極上フィットが堪能できるケーブル編み

ニット5万円/アンドレア フェンツィ(ビームス 六本木ヒルズ)
イタリア伝統の職人技と最新のニット技術を採り入れたアイテム作りで近年人気上昇中のアンドレア・フェンツィ。そんな実力派も今季はボタンレスのカーデをリリースし話題となっています。なかでもケーブル編みの新作は伸縮性も高く極上のフィット感。同素材のベルトを活用することで、大人の色気をさらにアピール可能です。
PAGE 3

◆ ペンドルトン

伝統のネイティブ柄が目を引くアクセント

ニット1万4000円/ペンドルトン(双日GMC)
1900年代初期から米国にて毛織物を扱う由緒正しいペンドルトン。特にネイティブ柄のブランケットは同ブランドのレガシーと呼べるもの。そのDNAを継いだウェアのひとつが、このロングカーディガンです。厚手のウールニットを使用しており、伝統のネイティブ柄と相まって、非常に温かみ溢れるルックス。シンプルな装いもこの一着さえあれば、エッジあるスタイルに仕上がります。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

エストネーション 0120-503-971
オカベ アンド パートナーズ 03-6412-8826
グジ 東京店 03-6721-0027
ゼニス 03-5524-6420
双日GMC 03-6894-5760
トレメッツォ 03-5464-1158
バインド ピーアール 03-6416-0441
ビームス 六本木ヒルズ 03-5775-1623

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL