• TOP
  • FASHION
  • 軽快!ナイキの新作スニーカー4選。人気につき早い者勝ちですよ!

2019.05.20

軽快!ナイキの新作スニーカー4選。人気につき早い者勝ちですよ!

令和元年で浮かれた気持ちも何処へやら。5月は妙に足取りが重いという人は、少なくないでしょう。そんな時は、ナイキの軽量スニーカーで足取りそのものを軽くしてみませんか。きっと気分も軽くなるはず!?

CATEGORIES :
TAGS :
CREDIT :

写真/蜂谷哲実(hachiya studio) スタイリング/小野塚雅之 文/安岡将文

春スニーカーの選びは“より軽く”がポイント

年中スニーカー流行りな昨今ですが、やっぱり本番シーズンは春夏。コーデも一段と軽快になることですし、足元だってよりスポーティな1足が欲しくなりますから。

気になるのは、やっぱりナイキの新作。言うまでもなくハイテク系スニーカー市場をリードするブランドですが、今回はその中でも軽さが魅力の最新モデルをピックアップしてみました。

履いていることを忘れるほどのまさにエアな履き心地は、大型連休明けで足取りがいまだ重いという人でも、きっとアクティブな気分になれるはず。軽快スニーカーで身も心も上向きに!

◆ ナイキ ズーム ペガサス 35 ターボ

モデル名もルックスも、いかにも軽そうです

1万8000円/ナイキ(ナイキ カスタマーサービス)
まるで飛ぶような、と評される優れた推進力を生み出すソール"ナイキ ズームXフォーム"を採用。さらにフライメッシュが高いフィット感と軽量性、通気性を実現しています。エアロダイナミックに基づく流線型のヒールデザインが、その速さを誇示するかのようです。

このターボは、さらにスピードを追及したモデル。世界ランカーのマラソンランナーも絶賛するその履き心地は、街履きとしては当然オーバースペックですが、とはいえやっぱり履いてみたいですよね。
PAGE 2

◆ ナイキ エア リアクト プレスト 

90sの名作が、ハイブリッドモデルとして登場

1万2000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
90年代スニーカー好きには懐かしいエア プレスト。2015年に復刻を果たしましたが、こちらはアップデート版というかハイブリッドモデルとなるリアクトソールを採用した「ナイキ エア リアクト プレスト」になります。

エア プレストお馴染みのブーティ構造とサイドのTPUパーツデザインは踏襲しつつ、ソールをリアクトソールに。軽量性に定評のあったエア プレストが、さらに高いクッション性を備えた1足に生まれ変わりました。

◆ ナイキ ヴェイパーマックス フライニット 3 

軽さとクッション性、どちらも極上体験可能です

2万円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)
極上の軽量性と極上のクッション性を両立したモデルといえば、「ナイキ ヴェイパーマックス フライニット 3」。アッパーは、軽量性はもちろん通気性と伸縮性に優れたフライニットを採用。余分のないシルエットが、フィット感の高さを誇示しています。

そこに、効率的かつ高いクッション性を発揮する"ヴェイパーマックス エア"が組み合わさることで、前述の両立を果たすというわけ。そのハイテク感を見た目にも楽しませるカラーリングも見どころです。
PAGE 3

◆ ナイキ ズーム フライ フライニット  

その名の通り、飛ぶように軽い履き心地です

1万6000円/ナイキ(ナイキ カスタマーサービス)
上記のモデルと同じフライニットアッパーの採用により、軽量性と通気性、伸縮性を実現したこちら。さらに可融性の糸を採用することで、軽量性を保ったまま高いサポート力と耐久性も備えます。

安定感を生むためのプレートにカーボンを採用するなど、内部の作りにおいても軽さを徹底追及。そして、反発力の高いナイキ リアクトを採用したソールが重い足取りを軽くしてくれます。

大ぶりなスウッシュとグラデカラーが、春コーデの足元アクセントに効きますね。
※掲載商品はすべて税抜き価格です

■ お問い合わせ

ナイキ カスタマーサービス 0120-6453-77

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。

RECOMMEND FOR YOUおすすめの記事

RELATED ARTICLES関連記事

SERIES

READ MORE

SPECIAL