2017.11.13

紅葉が最旬の箱根でカレーと温泉とビールの旅

文/冨永麻由(LEON.jp)
先週大分で紅葉を堪能してきたという祖父から「お前も紅葉を見に行きなさい」とご機嫌の電話があったので、おじいちゃん子の私は喜んで箱根に行ってまいりました。
箱根湯本駅から登山電車で宮ノ下駅へ。まずは「富士屋ホテル」のビーフカレーをお昼ごはんにいただきます。秋晴れと、お庭に見える紅葉がなんとも美しい。そしてカレーも美味しい。
それからまた登山電車に乗り、山の斜面を駆け上った先にある強羅駅でロープウェイに乗り換えます。煙が立ち上る大涌谷の真上を通り(なかなか圧巻の光景です)、桃源台港に到着です。次なる乗り物は箱根海賊船。船に揺られ芦ノ湖を縦断します。
元箱根港で船を降り、目の前の丘に佇む成川美術館を訪ねます。展示されている現代日本画を鑑賞し終わると、再奥に大きなガラス窓があります。ここから見える秋の芦ノ湖の姿も、見るべき展示作品のひとつです。ぜひ、お立ち寄りを。
成川美術館から見える芦ノ湖と駒ケ岳。
箱根周遊最後の目的地は、箱根湯本駅の「湯本富士屋ホテル」。ここで温泉とビールを堪能しながら、昼間に目にした紅葉を思い浮かべます。幸せです。翌日、友人たちに「箱根の紅葉いいよ、行ったほうがいい」と連絡をするほどに、本当に行ったほうがいいです。紅葉の見頃も、今週末あたりかと。みなさんぜひ、箱根で今年の紅葉をお楽しみください。

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。