2017.10.23

「ランボルギーニ」の『ウラカン RWD スパイダー』で思い出に残るドライブ旅を

ドライブをドラマティックな旅へ進化させてくれる最高の1台が「ランボルギーニ」の『ウラカン RWD スパイダー』。気になるあのコを助手席に乗せれば、とびきりの思い出を共有できるハズですよ。

写真/トヨダリョウ スタイリング/片野陽平
ヘアメイク/須賀元子 文/いとうゆうじ
2017年12月号より
単なるドライブを非日常に。さらにはドラマティックな旅へと進化させるのもモテるオトコの腕の見せドコロのひとつ。それを簡単に、かつ極上のものにしてくれるのが「ランボルギーニ」のホットなオープンモデル『ウラカン RWD スパイダー』なのです。
共通の思い出があれば心の距離は最接近♥
共通の思い出というのは、心理的にも親近感を得やすいもの。旅先で写真を撮影して、記憶をふたりでシェアすれば「また行こうね♥」のひと言を導きやすい、という次第です。
フォトフレーム1万円/ジョージ ジェンセン(ジョージ ジェンセン ジャパン)、男性●バングル4万6000円/シンパシー・オブ・ソウル(S.O.S fp 恵比寿本店)、そのほかはスタイリスト私物 女性●バングル3万円/スーマン・ダックワ(S.O.S fp 恵比寿本店)、そのほかはスタイリスト私物
旅の魅力は、ズバリ非日常感にあります。それをドラマティックな記憶として残せるというのも、モテるオトコならでは。そこで、数あるクルマのなかで差別化を図る決め手となるのが、「ランボルギーニ」の『ウラカン RWD スパイダー』なのです。

ランボルギーニというだけでも特別感がありますが、さらにこちらはオープンカー。都会を抜けて郊外をドライブなんていうシーンで、パッと幌を開けば心地よい秋風とともに助手席のあのコの笑顔がオヤジさんのハートに飛び込んでくるはず。

こうしたドラマティックな演出なら、記憶に残らないわけがありません。あなたにも女性にも、あらゆる意味で最高の思い出を与えてくれるスペック。それこそが『ウラカン RWD スパイダー』を手にする最大のメリットといえましょう。
RWDにすることで、より軽量かつ軽快な走りを見せてくれるのが『ウラカン RWD スパイダー』の特徴。魅力的な内外装のデザインはもちろん、後輪駆動ゆえ、走りもホットなのでオヤジさんがひとりでドライブ、という場合でも大満足いただけるかと。ソフトトップは走行中でも50km/h以下なら約17秒で開閉できるので、よりドラマティックな瞬間を演出できます。
全長×全幅×全高:4459×1924×1180mm 車重:1509kg エンジン:5.2L V型10気筒 最高出力:580ps/8000rpm 最大トルク:540Nm/6500rpm 価格:2582万300円/ランボルギーニ(ランボルギーニカスタマーセンター)
■お問い合わせ
ランボルギーニカスタマーセンター 0120-988-889

S.O.Sfp 恵比寿本店 03-3461-4875
ジョージ ジェンセン ジャパン 0120-190-404

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。