2017.10.23

今更聞けない……「ヴァシュロン・コンスタンタン」の"ヒストリーク"コレクションって?

写真/人物・野口貴司(San・Drago)
静物・奥山栄一(cuvacuva)
スタイリング/四方章敬
ヘアメイク/古川 純
文/篠田哲生

歴史があるからこそ新しいものが生まれるのです

1755年に創業したジュネーブの最古参の時計ブランドであるヴァシュロン・コンスタンタン。彼らは創業地に根付いた時計技術を丁寧に守り革新することで、別格のクラシシズムを継承してきました。数百年も受け継ぐ価値がある時計とは、伝統と革新から生まれる。時計審美眼をもつLEON読者の皆様には、そういう時計を選んでほしいのです。

ヒストリーク・トリプルカレンダー1948/各380万円(予価)

クラシカルなのに実用的

月、曜日、日付という3つの表示をもつ“トリプルカレンダー”は、1940年代に流行した機構で、アンティークウォッチの世界では今でも人気がある機構です。フォルムや色使いで当時の風合いを再現し、サイズや持続時間などは現代的に。まさに時代を超越した時計です。手巻き、18KPGケース(40mm)、アリゲーターストラップ。世界限定各200本。今冬入荷予定/ヴァシュロン・コンスタンタン
ケースサイドには、“ゴドロン”と呼ばれる彫り装飾が施されており、ボックス型の風防ガラスも1948年製のオリジナルに合わせて再現したもの。どこから見ても優雅です。

単なる"古い時計"ではないバランスの良さが強み

歴史を詰め込んだクラシックウォッチではありますが、ケースを現代的な40mm径へとアップデイトしているため、ブルゾンやニットといった軽やかな着こなしとも好相性。スタイルを固定しない汎用性があります。時計は上の左と同じ。ブルゾン31万5000円、ニット6万1000円/ともにダンヒル
PAGE 1/3

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。