2017.08.18

噂の“飲める”肉料理は本当に飲めるのか?

文/小槌 裕子
写真/James Gray(肉の匠 将泰庵)
飲めるハンバーグ
衰え知らずの肉ブーム。本特集でもさまざまな肉メニューをご紹介してきましたが、リサーチのなかで気になる単語が出てきました。
それが「飲める肉」。
“かぶりつく”でもなく“とろける”でもなく「飲める」。
肉を飲むって? ミキサーでドロドロ? その実態はいかに?……というわけで「飲める」を謳っているお店にアプローチ。実際にそのメニューをいただいてきました。

溢れ出す肉汁、肉フェスでも人気殺到の「飲めるハンバーグ」

◆「肉の匠 将泰庵」新日本橋店

まずは、“飲める“肉の代表格といえばここ、「肉の匠 将泰庵」の「飲めるハンバーグ」です。「飲める、肉」と検索するとズラ~ッとこちらの名前が上がります。なんと「飲めるハンバーグ」という言葉は商標登録されているとのこと。“肉の匠”の名前のとおり、オーナーの目利きが光る焼肉店ですが、「無駄なくお肉を使おう」と編み出された、A5ランクの国産和牛雌牛100%にこだわったハンバーグが大人気なのです。
肉の匠 将泰庵 新日本橋店 飲めるハンバーグ
普通は一度挽きのところを二度挽き、玉ねぎやパン粉などのつなぎはペースト状にして、タネを片栗粉でコーティング、肉汁を閉じ込めるため蒸し焼きに……。これでもかと手をかけられた丸々したハンバーグが鉄板の上でジュージューと音を立て、ごま油の香りが食欲をそそります。
特筆すべきは、お箸を入れた瞬間に、こぼれんばかりに溢れる肉汁。透明なのは雌牛ならでは。雌牛の肉は雄牛より融点が低いので、脂がくどくなく、より柔らかな食感となるそうです。レアな焼き加減で口に“するり”と滑り込み、肉汁と相まって本当に飲み込めてしまうほどの軟らかな食感。うぅ、なるほど。これが“飲めるほど“ジューシーなハンバーグなのですね。

こちら、肉フェスなどのイベントにも出店し大人気ですが、デートならやっぱり落ち着いて頂きたいところ。新日本橋店のランチ人気No.1メニューですが、ディナーのコースのなかでも堪能できます。一度食べたらやみつきになりそうな至福のハンバーグ、ぜひご賞味ください。
肉の匠 将泰庵 新日本橋店

◆ 肉の匠 将泰庵 新日本橋店

住所/東京都千代田区鍛冶町1-19-19 GEMS神田8F
営業時間/月〜土 11:30〜14:00(L.O.13:30) / 月〜日 17:00〜23:00(L.O.22:30)
定休日/不定休
URL/http://shoutaian.co.jp/
予約・お問い合わせ/☎03-3527-1629
PAGE 1/3

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。