2017.08.18

話題の生肉料理が食べられるお店3選!口説き文句は「タルタル肉食べに行こうよ!」

取材・文/大石智子
José Luis/Madrid, Spain
こちらはマドリッドで1957年に創業された老舗「ホセ・ルイス」のタルタル。スペイン産の牛肉に卵、きゅうり、ケーパー、ビネガー、マスタードなどをよく混ぜ、トーストの上で食べるスタイル。パンが名脇役となり肉の旨みが広がる逸品!
レバ刺しが禁止されてから早5年。当時、生肉の提供に関しても保健所の厳しい規格基準が新たに設けられました。その基準を満たしていない生肉を提供した場合、食品衛生法違反として法に触れてしまうわけです。
 
新たな規格基準は驚くほど厳しかった。事実上、生肉の提供を諦めろというような厳しさで、街から生肉料理が消えていきました。しかし近年、その厳しい基準をクリアして、生肉を提供している猛者がちらほら。
 
生肉料理の代表のひとつがタルタルですが、そのタルタルも復活してきています(感謝!)。そこでここでは、安全で美味しいタルタルを食べられるお店3軒をご紹介。久しぶりに国内でタルタルしませんか?

食通の彼女もドキッ❤とする、極上の塩タルタル

「ジ・イノセント カーベリー」/西麻布

これまでに同じ味を食べたことのない! と思える新感覚のタルタル。日本では珍しいブッチャー・ラボ(肉の切り分け専用スペース)を併設した、「ジ・イノセント カーベリー」ならではの和牛のタルタルであります。

通常タルタルというと、ケーパーやマスタードの味が強いものだけれど、この店の“WAGYU ステーキタルタル”(3000円)にその味はありません。肉以外の味は主に天然塩。これまで生肉を塩で食べたことありますでしょうか? きっと多くの人が未体験のはず。
 
生肉を塩で食べる理由を「上質な赤身肉そのものの旨味を存分に味わってほしいから。そして、口の中で1つの料理として完成するのです」と岡田賢一郎シェフは言いますが、まさにその通り。裂くように丁寧にペーストしたタルタルを口に入れると、口内の熱で赤身と脂が同時に溶け出し、塩とオリーブオイルが肉のほのかな甘さを引き出してくれる。日本酒と合わせれば、肉と酒の無限のループの始まりです。
 
初めはそのまま味わって、続きは付属のコリアンダーのペースト、醤油漬けの卵黄、ゴルゴンゾーラチーズを好みで和えながらお楽しみあれ。和牛の赤身の新たな一面を、ぜひふたりで発見してみてください。

■「ジ・イノセント カーベリー」

住所/東京都西麻布1-4-28 カルハ西麻布101
営業時間/17:00〜23:30(L.O.22:45) 日曜休
 
URL/http://www.innocent-carvery.jp
予約・お問い合わせ/☎03-5411-2911

和牛タルタル×キャビアという、最強の肉前菜ここにあり!

「ベンジャミン ステーキハウス 六本木」

夏に日本初上陸したNYの人気ステーキハウスが六本木店オリジナルメニューとして打ち出すのが、“和牛のタルタルステーキとキャビア”(9500円)。新鮮な黒毛和牛をたたいたタルタルにキャビアをふんだんにのせた1品は、シャンパンが進むこと間違いなしの、旨み×旨みの融合であります。
 
キャビアがソース代わりなのでタルタル自体の味つけは少量の塩のみ。食べれば海のミネラル感が赤身肉の風味を引き出す、超贅沢なサーフ&ターフなのです。途中、周囲のマスタードソースをアクセントとしてつければ、味に変化がつき、シャンパンをますます美味しくいただけますよ!

■「ベンジャミン ステーキハウス 六本木」

住所/東京都港区六本木7-14-4 レム六本木ビルB1F
営業時間/11:30〜15:00、17:00〜23:00 無休
 
URL/http://www.benjaminsteakhouse.jp
予約・お問い合わせ/☎050-3187-9089

生馬肉のタルタルは、しっかり混ぜると記憶に残る美味しさになる!

「サクレフルール」/神楽坂

パリで人気の肉ビストロ「サクレフルール」がこの4月に日本初上陸。パリ流ステーキ目当てに早くも肉ファンが集っていますが、タルタルも見逃せません!  国産牛のタルタル、サーモンとオレンジのタルタル等、なんと7種類のタルタルをオンメニュー。なかでもイチ押しが、“馬肉のタルタルステーキ”(1944円/120 g)であります。
 
馬肉とともにケーパー、コルニッション、ケチャップ、マスタードと薬味がズラリと並び、一瞬多いなと思うのですが、これが本家「サクレフルール」流。すべてしっかり混ぜ合わせてからいただきます。
 
軽いクッキングタイムも楽しく、混ぜて初めて完成するタルタルは、旅情も沸くようなフランスの味。食べ心地がヘルシーな馬肉に、酸味や濃厚さを兼ね備えたソースが合わさり、う〜ん、これはリピート必至! 馬肉がタルタルステーキの起源と言われるのも納得の美味しさなのですよ。 

■「サクレフルール」

住所/東京都新宿区神楽坂3-2 大宗第5ビル
営業時間/火〜金曜11:30〜14:30(L.O.14:00)、土日・祝12:00〜15:00(L.O.14:30)、17:00〜23:30 月曜休
 
URL/https://sacreefleurjapon.owst.jp
予約・お問い合わせ/☎03-6288-1513

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。