2017.08.16

【珍肉クイズ】未知なる肉を食するは、知的でワイルドな冒険だった!

取材・文/和田 真由子
写真/山口 敏三
「自分は肉食男子(女子)だから~」と”肉好き”を誇る人でも、食べているお肉は牛、豚、羊、鹿くらいなのでは?  この広い世界には、文明人が日常的に口にしていない、レアでおいしいお肉がまだまだあるのです。さあ、未知で美味なるお肉にチャレンジしてみませんか?

Q.この料理は一体何の肉でしょう?

今回取材したのは、第一級のレア肉を取り扱う横浜の料理居酒屋「珍獣屋」。豊富なメニューのなかから、ビギナー向きに5品を選定しました。まずはそれぞれが何のお肉か、当ててみてください!

【1】一見豚肉の生姜焼きのようだけれど、もっと歯ごたえがしっかり&風味はあっさり。引き締まった肉質は、この動物の跳躍力と関係があるのかも!?

【2】魚のように香ばしい唐揚げだけれど、ひと切れの長さにご注目。くねるようにしなやかなフォルムは、あの生き物ならでは、ですよ。

【3】肉汁たっぷり! の粗挽きハンバーグ。意外とクセは少ないけれど、脂には「森の王者」らしいワイルドな香りが。

【4】こちらのお刺身は魚ではなく、れっきとしたお肉。いまや希少な海の哺乳類です。

【5】都会にも現れる、にっくき(!?)アイツが、フレンチ風の上品な一品に! 鋭いカギヅメの足も、「濡れ羽色」と同じく黒いのです。

PAGE 1/3

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。