2017.08.17

その食感はまるでキス!? 日本一のステーキに編集長が挑戦!

品質、サービス、客層、値段・・・どれもが日本一のステーキはどんな味がする?

文/秋山 都
写真/松井 康一郎
筆者は以前日本のトップ企業の社長にインタビューする連載を担当していたことがあります。「好きな食べ物はなんですか?」「ご自分で料理するのはなんですか?」という問いに、圧倒的な回答率で返ってくるのが「ステーキ」。社長という、人々を組織し、リーダーシップをもって率いていく人種が、このシンプルかつエネルギーにあふれた料理を好むのはなんとなくわかるような気もします。

そんななか、顧客の多くが「社長」と呼ばれる立場の方だとウワサなのは築地のステーキ店「哥利歐(ごりお)」。日本最高峰のステーキを供する(そしてお値段も…ね♡)「麤皮(あらがわ)」の分店として1984年に創業した「哥利歐」だけにその品質とサービスはお墨付き。やはり客層もそれなりに、エグゼクティブの方々が集まっているようです。そんな名実ともに日本一のステーキをご紹介するなら、ぜひ編集長に食べてもらいたい! ということで前田陽一郎LEON.jp編集長の登板です。
前田編集長、日本一のステーキを前に威儀をただしてブラックタイ姿で登場。
おっと、食べちゃう前に「哥利歐」の肉のご紹介を。高価なステーキにはその理由がきちんとあるのですから。

「哥利歐」の肉はすべて純血統の但馬牛。長年にわたって和牛としての優れた資質を伝え、強い遺伝力によってその血統を守ってきた但馬牛は、他の地方の牛との交配を避けながら純粋な血統を守るとともに、さまざまな飼育方法を開発し改良を重ねてきました。

この但馬牛が三田市のセリにかけられたら三田牛となり、神戸市のセリにかけられたら神戸ビーフとなる、つまり但馬牛は最強のブランド牛であるという次第。「哥利歐」ではその未経産のメス(俗にいう処女牛)に限定し、通常より長く40ヶ月以上肥育した肉を厳選しているため、赤身にも脂がほどよくのっています。
但馬牛のサーロイン。この美しいサシをご堪能ください。
この脂が筋繊維に細かくサシている様子をギョーカイ用語で「小ザシ」と言うんだそう。まさに「哥利歐」のステーキは「小マタの切れ上がった、ならぬ、小ザシのきいたオンナ」というわけ。前田編集長、期待が高まってきましたね。
PAGE 1/2

LEON.jpの最新ニュースをお届けします。