2017.08.05

大人の自由研究。冷た〜くて美味しい「みぞれ酒」を作ってみた!

日本酒を過冷却すると、注いだ瞬間に凍り出すという!「みぞれ酒」ちょっと難易度高めですが、実際に作ってみました。

文/木村 千鶴
撮影、動画編集/阿部 敬史、橋本 朱理
みぞれ酒 日本酒
夏になると、ホームパーティーをする機会も増えますよね。でも普通のパーティーじゃつまらない。せっかくの夏だし、もっとワクワクしたい! そんな少年時代のアソビゴコロを忘れないみなさん、「みぞれ酒実験パーティー」なんてのはいかがでしょうか?
 
“みぞれ酒”とは、「過冷却」という現象を利用した日本酒の楽しみ方。
冷凍庫でゆっくり日本酒を冷やすと、注ぐまではなんの変哲もない液体なのに、注いだ瞬間、その衝撃で突如みぞれ状に凍っていくというもの。
 
ちなみに「過冷却」とは、液体が凍結温度を下回っても、液体のままでいる状態を指します。この状態に衝撃が加わると、本来は凍っているべき温度であることを思い出したように酒が一気に凍結するのです。
 
と、さらりと書きましたが、じつは過冷却状態にするのは中々難しいんです。冷凍温度や外気温、液体量、アルコール度数などによって、冷凍時間を変えなければなりません。というわけで、気分はさながら理科の実験なのであります。
 
さて、今回は大人の自由研究よろしく3タイプの日本酒を用意。さあ、実験開始です!

実験に必要なもの

1. 純米酒

アルコール度数が15度程度の一般的な純米酒が扱いやすいでしょう。オススメは冷酒向きの品種。また、アルコールが添加されているものは、凍る段階で味わいが変化してしまう恐れがあるため、避けるのがベターでしょう。

2. 瓶内発酵のスパークリング酒

いまブームになりつつある、シャンパーニュ方式でつくられた発泡日本酒です。アルコール度数が低く飲みやすいために、最近女性に人気ですよね。今回は「炭酸が凍ったらどんな味になるんだろう?」という好奇心から、この実験に投入しました。アルコール度数5度のものを使用。

3. 純米原酒+ミネラルウォーター

原酒とは、もろみを絞っただけで水を加えていない日本酒のことで、搾りたての原酒はアルコール度数が高く20度以上。そのため一般に販売されている日本酒は、酒蔵で仕込むときに加水されています。ですが江戸時代には輸送コスト削減、あるいは大人の諸事情により販売する酒屋での加水が一般的でしたので(今の時代よりも原酒が濃厚だったのでちょっとアレですが)、それに倣って・・・日本酒をロックで嗜む方もおられるようですし・・・マイ加水します!
なんでだ!邪道だ!と思われた方もいらっしゃるでしょう。難しい実験なので保険です(笑)。

みぞれ酒の作り方

前日から、使用する日本酒を冷蔵庫で冷やしておきましょう。原酒の加水バージョンは、馴染ませるためにこの段階で加水を。今回使用したものは、原酒でありながらアルコール度数の低い15度のもの。それを12度まで下げる水量を単純計算で出し、加水します。使用する酒器も忘れずに一緒に冷やしておきましょう。
 
冷蔵庫で冷やした酒を冷凍庫に入れるため、酒器に移します。今回は1号徳利を使用。スパークリング酒は栓を開け、破裂を防ぐためラップなどで軽く栓をしてください。
お酒を冷凍庫へ移します。酒器や瓶が凍って割れてしまう可能性があるので、ご注意を。大切な酒器を使うのは避け、冷凍庫へ放置したまま忘れてしまったりしないようご注意くださいませ。
みぞれ酒 日本酒
まずは純米酒。冷凍時間は約90分です。冷凍庫の温度は-16℃に設定しました。冷却時間は冷凍庫の状態や庫内環境でも変わりますので、様子を見ながら微調整を。
 
加水酒は70分から80分。スパークリング酒は65分です。スパークリング酒はアルコール度数も低く凍りやすいので、ご注意ください。
 
お猪口などの酒器も一緒に冷凍庫へ。酒器もよく冷えていると成功率が上がります。過冷却状態になると少しの衝撃でも凍結してしまいますので、気になっても時間までそっとしておきましょう。
 
冷凍庫から取り出し、過冷却状態のお酒をお猪口に注ぎます。それぞれの冷却時間になったら、衝撃を与えないようそっと冷凍庫から取り出し、ここからは大胆に、お猪口が温まらないうちに、できるだけ高い位置から注ぎましょう!
 
 
ここからは動画でご覧ください。
映像提供/白鶴酒造株式会社
残念ながら撮影時の実験は失敗していまいました(涙)ので、成功シーンは白鶴酒造さまからお借りしました。
ちなみに、事前実験では3勝1敗の確率でみぞれ酒作りに成功しています。また失敗したとしても、共同作業で行う実験そのものが楽しく、冷え冷えのお酒は夏に美味しく、試す価値は充分にアリです!
 
参考までに、成功時のお味の感想をお伝えすると、純米みぞれ酒はシャリシャリ感と凍結しなかった部分のとろみが合わさり、すっきり美味でした。さらにスパークリング酒のみぞれ酒はとてもお勧め!エアリーで、ちょっと刺激のあるシャリっと感がたまらないおいしさです。
 
加水酒はあまりお勧めできません。大変抜け感のある味わいでした(笑)。
ともあれ、是非体験していただきたい、この大人の自由研究。
きっといつまでも思い出に残るイベントになるはずですよ。

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!