2017.07.16

食べるならどっち!? ホテルの“1万円超え”高級涼麺 対決

取材・文/トライアウト
食欲が減退気味の夏は、ツルルンと食べられる涼麺は最高のごちそう。毎夏、各ホテルはこぞって新作を競い合いますが、ついに出ましたよ。1万円超えの涼麺が! この夏、ラグジュアリーな素麺と冷麺を編み出したのは、どちらも関西のホテル。鮨でも鉄板焼きでもフレンチでもない、庶民的な涼麺がいかに高級になり得たのか!? その真相を確かめに行ってまいりました!

日本一細くて高級な素麺と、豪華食材のマリアージュ!

【スイスホテル南海大阪/日本料理「花暦」】

この道25年以上という、料理長・花田さんの技とセンスが光る“夏陰” 素麺1万1880円(税サ込)。見た目にも美しく、涼を感じる一皿です。
まずご紹介するのは、スイスホテル南海大阪の日本料理「花暦」が提供する“夏陰” 素麺。素麺は細いほど高級とされるなか、コチラが使用するのは奈良県の老舗「三輪山本」の白髪で、その直径はなんと超極細の約0.3mm! コレ、まさに熟練の素麺師しか作れない日本一細くて高級な素麺なのです。
写真右/素麺が浸かっているのは、水ではなく味が薄まらないよう昆布ダシ。なんと氷も同じくダシで作られており、隠れた工夫が光ります。麺の間に浮かぶ北海道産のつぶ貝が良いアクセント。左/素麺発祥の地である奈良県桜井市三輪地方において、創業300年を誇る「三輪山本」の銘品、白髪。その透き通るような美しさは芸術品とも称されています。
そして麺には、黒アワビの酒煎り・瀬戸内産のハモちり・クルマエビ・真鯛など、国内産の高級食材をこれでもか!とトッピング。ツユはカツオダシをベースに、大分県や宮崎県産の冬子椎茸を合わせたものから、さっぱりとした梅風味、濃厚な胡麻ダレと、飽きさせない3種類が用意されています。

実際に食してみると、超極細麺ゆえにツユもよく絡み、ツルンと喉越し最高! 一方、噛めばしっかりとコシがあり、プチプチとした独特の弾力が楽しめました。これまでの素麺のイメージが大いに覆った次第!
 
シンプルに素麺の美味しさを味わった後、さまざまな食材やツユとの組み合わせを堪能するのが正解!ですが、先に豪華な具をアテにワインや日本酒を楽しんでから、シメにサラッと素麺をいただく。なんていうのも、ツウの食べ方としてオススメですよ!

■スイスホテル南海大阪の“夏陰” 素麺

期間/~8月31日(木)まで
住所/大阪府大阪市中央区難波5-1-60
   スイスホテル南海大阪10F「花暦」
営業時間/ランチ11:30~15:00(L.O.14:30)
     ディナー17:30~21:00(L.O.20:30)
URL/https://www.swissotel-osaka.co.jp/?p=20719
予約・お問い合せ/☎06-6646-5127
●1万1880円(税サ込)
※要予約
※特典:浴衣で来店し、“夏陰” 素麺をオーダーした方に日本酒1合プレゼント。

イセエビがのっかる、一日限定5食の高級冷麺

【リーガロイヤルホテル京都/「中国料理 皇家龍鳳」】

“皇家(ロイヤル)冷麺”(1万1880円/税サ込)は、一日限定5食。シンプルな麺を見た目にもインパクトある千葉県産イセエビや鮑、燕の巣などが彩る華やかな一皿です。
リーガロイヤルホテル京都の「中国料理皇家龍鳳(こうかりゅうほう)」が誇る“皇家(ロイヤル)冷麺”も、負けていませんよ! その名が表す通り、冷麺ながらも高級食材である千葉県産のイセエビ、鮑、燕の巣を一度に味わえる逸品です。薄焼き卵に包まれた定番具材のキュウリやチャーシュー、蒸し鶏もグラスに盛り付けられ、スペシャル感を後押しします。
 
タレは、高級食材の味を引き立てるあっさりとした醤油ダレのほかに風味豊かな胡麻ダレ、さらには酸っぱさと辛さがクセになるスパイシー&サワーソースの3種類。1種類ずつ楽しむもよし、醤油ダレと胡麻ダレを合わせるなどオリジナルブレンドを試すもよし。自由に組み合わせを楽しめますよ。

実際に食べてみると、中太の卵麺はモチモチとした食感で、プリッとしたイセエビとも、柔らかな鮑とも相性抜群です。また、つけダレもユニークでして。定番の醤油ダレや胡麻ダレと打って変わって、スパイシー&サワーソースが想像以上のインパクト! 辛いもの好きにはオススメですね。

付け合わせのトマトの酢漬けや春巻きの皮を揚げたものなど、いろいろと絡めながら最後まで味や食感の変化が続くのです。う〜ん、美味!

たかが涼麺、されど涼麺! この夏いちばんの美食体験があなたを待っています。


 

■リーガロイヤルホテル京都の“皇家(ロイヤル)冷麺”

期間/~8月31日(木)まで
住所/京都府京都市下京区東堀川通り塩小路下ル松明町1番地    リーガロイヤルホテル京都 B1F「中国料理 皇家龍鳳」
営業時間/ランチ11:30~14:30(L.O.)
     ディナー17:00~21:30(L.O.21:00) 
URL/https://www.rihga.co.jp/kyoto/restaurant/list/royalryuho/ 
予約・お問い合せ/☎075-361-9222 
●1万1880円(税サ込)
※要予約

この記事をお気に入りに追加しよう!

この記事をお気に入りに追加しよう!